20代は転職サイトの社会人経験無し専用カテゴリーから応募

巷にいる職歴がない20代 - 実はこの層を欲しがる会社も多い

このサイトの管理人さんの後輩である私は、大学を卒業し新卒では会社に就職しなかったので、その後の就職活動は既卒という形で大学卒業後の約1年後に活動を開始しました。

 

まず私は、卒業した大学の就職課に相談にいきました。

 

 

大学の就職課は新卒者じゃなくても利用できる

就職課と転職支援サイト

就職課と転職支援サイト

大学の就職課というのは在学生の為だけでなく、卒業後間もない第二新卒の世代も対象にして、就職や転職の求人情報も閲覧させてくれます。

 

ただ求人を見つけたら、その後は特に大学側が就職が出来るように何らかのバックアップしてくれるわけでもなく、自分で電話などして直接求人に応募をしなくてはなりませんし、当然求人数自体も在校生用に比べると少ないです。

 

就職課の次に私が就職活動として行ったのは、玉砕覚悟で転職支援サイトのリクルートエージェントやマイナビエージェントの新卒者向けの求人で、直接人事に電話で事情を説明して新卒枠で応募できないかと懇願するという活動です。

 

卒業後、まだ1年くらいというのもあり、意外と多くの企業から応募OKの連絡をもらいました。

 

当然新卒者よりは若干年齢が上回っているので、面接ではそのギャップを埋められるだけの人材としての要素が求められます。

 

それでも私の地元の友人は、採用担当の人事も同じ大学出身のOBだったというのもあり、この直接に人事担当者にコンタクトをして見事に内定をもらった人もいました。

 

学校出たばかりで社会人経験がない層は多い

単純に在学中、また卒業後の就職活動に失敗し就職が出来なかった人もいるでしょうが、

  • 公務員や国家資格試験に失敗した組
  • 帰国してから日本での就職活動時期を逃してしまった留学組

など、どうしてもどの時代でも、この層での就職失敗の人数は一定数生まれてしまいます。

 

上記のような不可抗力で就職していない人が居るという事は社会的に認知されている現実ですので就職、転職支援サイト、エージェントの中には、既卒者、第二新卒のみ対象に絞ったエージェントもあります。

 

大手のリクルートエージェントやマイナビエージェントなど、転職者用向けのサイトの既卒者、第二新卒枠を対象にしたカテゴリーもあり、このようなサイトから応募するのは一番効率が良いかもしれません。

 

年齢が若いという事は、それ自体が人材価値となります。

 

20代前半の若い方は、実質は既卒者や第二新卒と殆ど環境や条件が変わらないと認識して、それらの人達のみを対象としたカテゴリー求人を狙ってみることをお勧めします。

 

リクルートエージェント

 

リクナビNEXT

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク