20代 新卒では無い第二新卒を含む

20代から転職と再就職を経験している中高年男性の実践的アドバイス

20代 新卒では無い第二新卒を含む

当カテゴリーでご紹介している40代の中高年男性は、働き方に拘ることなく派遣や正社員として転職や再就職を繰り返していますが、社会の中における自身の人材価値を常に意識しながら行動をしています。また転職や再就職活動では、無駄を省き効率の良さと有利さも追及をしています。

 

近年の日本社会では、新卒で就職した人の3年以内の辞職、転職率が高くなっているとされていますが、20代や第二新卒の人にとっては初めての転職活動ですから、どのように転職活動を進めていけば有利となるか、間違いがないか分からないことも多いでしょう。

 

20代の若い頃から転職と再就職を経験している、40代中高年男性の実践的な経験から基づくアドバイスを参考にしてみて下さい。

20代 新卒では無い第二新卒を含む 記事一覧

社会人経験無しカテゴリー
20代は転職サイトの社会人経験無し専用カテゴリーから応募

このサイトの管理人さんの後輩である私は、大学を卒業し新卒では会社に就職しなかったので、その後の就職活動は既卒という形で大学卒業後の約1年後に活動を開始しました。まず私は、卒業した大学の就職課に相談にいきました。大学の就職課は新卒者じゃなくても利用できる就職課と転職支援サイト大学の就職課というのは在学生の為だけでなく、卒業後間もない第二新卒の世代も対象にして、就職や転職の求人情報も閲覧させてくれます...

続きを読む
パワーと将来性を求める企業
新卒ではなくとも20代の若いパワーと将来性を求める企業は多い

学校卒業後、ワケありで20代半ばの職歴がない人たちは、一旦社会のレールから外れてしまったという事から、その後の就職は難しいと思ってしまうようです。しかし、そんなことは全くありません。若さを武器に、果敢に積極的に自信を持って就職活動をするべきです。新卒枠を外れてもこの層をターゲットにしている企業は多い新卒至上主義ばかりでは無い前の記事で挙げたように、在籍していた学校の就職課を訪ねて求人をチェックしダ...

続きを読む
卒業生対象やOBからの求人
卒業した学校の就職課での卒業生対象やOBからの求人に応募

私の経験談として既に書きましたが、就職経験がない20代の方の就職活動では、まずは最初に卒業した大学や専門学校の就職課に相談に行くことをお勧めします。学校の就職課というのは、基本的には在校生のためのものですが、困っている卒業生にも手を差し伸べてくれるのです。大学には卒業生対象の求人もある卒業生対象の求人たまたま私は母校の就職課が、卒業後まもない卒業生対象の就職相談を開始したという記事を新聞で読みまし...

続きを読む
転職サイトは2~3つに絞る
20代での転職サイト登録は2~3つに絞る方が効率的

20代の若年層のみならず、30歳以降の中高年層の転職活動の求人情報収集で中心になるのが民間の転職支援サイト。大手のリクルートエージェントやマイナビエージェントなどを中心に多く求人情報がありますが、求人数が多くない40代、50代は、当サイト管理人さんも勧めているように、1件でも情報を多く入手するために手当たり次第に転職支援サイトやエージェントに登録するべきでしょう。しかし若い20代ですと、多くの企業...

続きを読む
経験より将来性
20代の転職では経験より将来性が買われ職歴があれば有利

ここまでは、職歴経験が乏しい既卒や第二新卒対象の就職活動の話をお伝えしましたが、ここからは20代で数年の職歴がある人の転職活動の話をお伝えします。20代は経験より将来性が買われる職歴は転職で有利にどの業種も30歳の手前までの年齢層の人材に対して企業側は、経験よりも若さによるポテンシャルを重視しています。会社としても新卒ではないけど、今後中枢となっていく人材のために時間とお金を投資したいのです。私が...

続きを読む
会社で学べるものは学ぶ
20代は会社で学べるものは学び石の上にも3年にこだわらず転職

就職したら「石の上にも3年」、仕事は3年間続けて一人前、とか言われます。3年というのが一つの区切りになっていますが、この3年という期間はあまり気にする必要はないと私は思います。石の上にも3年説にはこだわらない会社を利用するという発想今まで話してきた通り3年働いて転職を考えるのも良いですが、若い20代では職歴が浅い第二新卒層の需要がありますし、3年待たずに会社を見切ってしまうのも一つの手です。会社と...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク