転職サイト担当者にフォローを依頼し求人企業へも直接コンタクト

求人企業担当者への直接コンタクトは転職支援担当者の了解を得てから

求人に応募し、書類審査が合格し、その後面接を受け、さて最後の採用か不採用かの結果待ち…

 

もちろん、すぐに最終結果を連絡してくれる場合もありますが、中には特に外資系の場合、本社が海外に在り、そこで人事の最終決定がなされるようなケースですと、最終の意思決定までに、それなりの時間を要する求人もあります。

 

 

キャリアコンサルタント・ヘッドハンターにフォーローを依頼する

自分で応募した案件もプロにフォーローを

自分で応募した案件も
プロにフォーローを

最終の採用通知結果が、なかなかと来ない場合、転職支援サイト、エージェント会社のキャリアコンサルタントやヘッドハンターに遠慮せず問い合わせをするようにしましょう。

 

但し、彼等はあくまでも「中立」の立場です。

 

転職者寄りでも無ければ、企業寄りでもありません、ちょうど中間のスタンスを取り、求職者、企業の、どちらにもメリットのある転職・再就職をアレンジしています。

 

ですので彼等との良好な人間関係を構築するにも、紳士的で思慮のある問い合わせ方をし、応募した求人案件のしっかりとしたフォーローを依頼しましょう。

 

あまりにも最終通知が遅い場合、他の求人に応募するチャンスを逃してしまう機会損失となる事もありますので、転職支援サービス担当者に、督促をお願いしましょう。

 

状況の確認は「不採用となった要因・原因を転職支援サイト担当者に問い合わせる」でもお伝えしていますが、今後の転職、再就職活動の改善にも非常に重要な事となります。

 

求人企業へのコンタクトは了解を得てから

求人を出した企業の人事採用責任者と面接をした後、間に入っている転職支援サービスの担当者を通さず、企業の人事責任者と直接にコンタクトを取りたい場合もあります。

 

もし、最終の正式採用通知が来ないのであれば、その状況も知りたいでしょうし、「何か知りたいことがあったら、いつでも聞いて下さい。」などと、求人を出している会社の面接で会社側から言われる場合もありますが、求人会社の採用責任者との直接のコンタクトは、事前に転職支援サイト、エージェント会社の担当者に連絡してからにすべきです。

 

口頭では、「いつでも何でも聞いて下さい。」とは言うものの、中には転職支援サイトを経由せず、直接にコンタクトされるのを嫌う人事責任者も居ます。

 

人事採用決定権を持つ人であれば、会社の中でも、それなりのポジションで多忙な方が多いでしょうし、ビジネスの常識として一度転職支援サイトの担当者に了解を得て連絡をするようにしましょう。

 

またメールなどを直接に求人会社に送信する場合も、「CC」で転職支援サイトの担当者にメールを落とし、常に同じ情報を転職支援サイトの担当者やエージェントと共有するようにしましょう。

 

支援をしてくれるプロと情報を共有し、その後の活動に反映させていく事も大切な事です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク