求人と応募のマッチングは自分で勝手に判断せず転職のプロに任せる

自分でマッチングしないと感じた求人案件でも面接まで設定された実例

当サイト管理人の私が実際に経験した、求人応募の事例を紹介します。

 

複数の転職支援サイト、エージェント会社から数件の求人オファーを受け取った時、それぞれの求人案件の要求事項が私には、あまりマッチングしていると感じなかった事例です。

 

 

自分ではマッチングしないと判断したが…

求人のマッチングはプロに任せる

求人のマッチングは
プロに任せる

その時は4件の求人紹介を、ほぼ同時期にオファーされたのですが私が感じた通り、4件の求人オファーの内の3件は、その後提出した私の書類を詳しくチェックした企業側から、「条件がマッチングしない」と連絡が入り、書類審査で不合格となりました。

 

しかし残り1件の求人オファーは、私が提出した履歴書と職務経歴書をチェックし、書類審査で合格となり面接までセッティングされました。

 

私はオファーされた4件の求人全部、「私には合わない、マッチングしない」と判断していたのですが、1件は「面接に来て欲しい」となったわけです。

 

率直に言って、この経験で私は少々反省をしました。

 

転職・再就職のプロでもない私が自分で勝手に「マッチングが低い」と判断してはならない、とつくづく感じました。

 

色々な視点、立場から、プロに職務経歴をチェックしてもらい、求人案件を転職支援サイトやエージェント会社から提案してもらうようにするべきです。

 

転職のアマチュアである自分で、自分のマッチングを勝手に判断することは避ける、マッチングは転職のプロに任せる方が賢明と言えるでしょう。

 

他の転職支援サイト経由で応募してみた

その後、「面接に来て欲しい」となった求人案件を、登録してある他の転職支援サイトで検索してみました。

 

「同じ案件を、他の支援サービス会社が扱っていないか…」

 

思った通り、やはり他の転職支援サイトでも、全く同じ求人案件を非公開求人として扱っていました。

 

勤務地から給与、条件など、全ての要項が同じで、試しにその転職支援サイトから応募してみたところ、やはり見事に予想通りの返事が、すぐにメールで来ました。

 

「残念ながら条件がマッチングしませんので、ご紹介が出来ません。」

 

同じ求人でも、

  • 求人オファーをしてくれたエージェント経由では書類審査合格で「面接に来て欲しい」となり
  • 他社の転職支援サービス経由での応募では「紹介出来ない」…

如何に少数の転職支援サービスに頼る事が危険であるか、お分かりになると思います。

 

ちなみに、「転職支援サービスのランキングリストを作成し有利な活動を」でもお伝えしていますが、「紹介出来ない」と返事をしてきた支援サービスは、私のリストの最下位にランキングしました。

 

こちらの「同一の求人案件を複数の違う転職支援サービスが取り扱う」でお伝えしたように、このように同じ求人案件でも、転職支援サイトのキャリアコンサルタント、担当者の判断、経験、そして何よりその業界に本当に精通しているのかどうかで、全く判断が変わってきますので注意しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク