中高年向き求人が少ないと悩む前に可能性を見つけ果敢に挑戦

50代で年齢制限をオーバーしても書類審査を通り面接に至った実例

中高年で40代、50代となると、そもそも応募できる求人案件が無い、少ないという現実に直面します。

 

しかし、どんな求人でも応募するのは勝手です、自由です。

 

自ら可能性を捨てる必要はありません。

 

 

プラス5歳までは許容範囲

プラス5歳までOKな求人も

プラス5歳まで
OKな求人も

私の経験から言いますと、求人要項の年齢制限のプラス5歳までは許容範囲である場合が少なくないです。

 

あるエージェントの方によれば、年齢制限はケースバイケースで変わる、企業側が臨機応変で変更する、との事です。

 

実際に私も経験し、こちらの「外資系企業専門の転職・再就職支援サイトから求人オファー」で経験していますが、私の当時の年齢が50代前半で、求人要項の年齢制限を超えていましたが、書類審査を通り面接に至ったケースがあります。

 

私が経験したケースでは、年齢制限を設けて一般の営業マンを募集したが、年齢制限を超える私の応募書類をチェックし、新しく中途採用する営業マンのマネージャーを務めて貰おうというアイデアが新しく出てきた、との事でした。

 

残念ながら、その新規の人事アイデアは役員会議で承認が得られず、マネージャーとしての中途採用はアイデアで終わりまいしたが、私自身も驚いた意外な展開があったのも事実です。

 

もちろん年齢制限を厳しくしている求人案件もありますが、全ての求人がそうとは限らないという事です。

 

年齢が少しオーバーしていても、応募する人材の職歴を重視する場合や、その他の要素をチェックポイントにするケースもあるのが現実です。

 

求人の応募要項・条件が変更・キャンセルとなる場合もある」でもお伝えしましたが、10個の条件がある求人で、年齢制限が1つの条件であっても、その他の9個の条件の方が重要な場合、年齢制限が緩くなる、つまり年齢がオーバーしていてもOKとなる求人もあるのです。

 

何も入口で、しかも自ら諦めてしまう必要などありません

 

厚顔無恥に成れと言うのではありません、果敢にチャレンジすべき、ということです。

 

中高年で再就職が決まらないと悩む方の中で、このように入口で諦めてしまう人、応募案件がない、少ないと悩む人も少なくないようです。

 

ハローワークでの私の経験

私は同様の年齢制限、また経験者のみ募集という案件に関して、ハローワークでの求人でも同様の経験をしています。

 

自分の職歴と、あまりマッチングはしないが、仕事内容、条件、待遇に興味を持ち、応募案件に書かれている年齢と経験条件で応募出来ないかも知れないと思いながらも、ハローワークの職員に相談してみました。

 

ハローワークの職員は、すぐさま相手の会社に電話をして確認を取ってくれました。

 

会社側の回答は、既に採用対象者が最終面接段階に来ていて、今から新たに採用検討は出来ない、という回答で、この求人の応募案件では厳密な言い方をすれば応募出来なかったのですが、しかしこの事例からも分かるように、「聞いてみないと分らない」という事が有るのです。

 

求人の年齢の条件は、もしかしたら他の条件に比べて比重の軽い事、つまり重大な条件ではないかも知れないのです。

 

応募案件がない、少ないと悩まず可能性を見つけ挑戦するようにするべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク