中高年を求人をする企業側の目的・背景・意図を読み取り転職活動を

中高年の場合は同業界で同業務をターゲットにし付加価値をPR

転職・再就職と一言で言っても、20代での転職と中高年の50代の転職や再就職では、人材を求める企業の意図・目的が全く異なってきます。

 

中高年の人材を募集する企業の意図と背景、そしてそれに正しく適応した応募を心掛ければ、不採用となる確率は必ず減ります。

 

 

同じ業界で同じ業務をターゲットに

同じ業界・業務の求人を

同じ業界・
業務の求人を

中高年を募集する企業は、必ず採用する人物に付加価値を求めます。

 

企業は書類選考、面接で、その付加価値が多いであろうとする応募者、並びにその時点で企業が求める能力を持つ人材を採用します。

 

つまり採用されるされないは、人材が持つ付加価値や能力の量と質の闘いであると言えるでしょう。

 

これはイコール、転職・再就職を希望する中高年が、それまでに経験を積んだ業界とは違う業界の求人に応募しても、採用の対象検討となるのが難しくなるという事を意味します。

 

まず最初にチェックすべき事、それは自分の付加価値や能力をアピール出来る、経験している業界、分野、フィールドの中で求人情報を探す、もしくは転職支援サイト、エージェント会社から情報を提供してもらうという事です。

 

基本的に分野違い、畑違いは優先するべきではありません

 

さらに中高年の場合、自分の付加価値をより戦略的にPRするためには、今までに経験した同じ業界の中で、深く長い経験のある業務の求人をターゲットにするべきです。

 

求人情報のチェックポイント

求人情報を探す、求人要項をチェックする場合、上記のように同じ業界で同じ業務をターゲットにして探すのは基本ですが、また同時に自分でも手を動かすことを前提にして、その求人の仕事を一人の担当者として、自ら業務遂行する気持ちになれる業務をメインに探す事をお勧めします。

 

経験者でなくとも誰でも出来るような条件の緩い求人案件は、殆どが若手を採用し育成したいという案件と考えて間違いはありません。

 

具体例としては

  • 年齢・経験年数不問
  • 初心者でも応募可
  • 教育・指導制度有り
  • 給与の例が異常に高額

な求人は、中高年者は優先して応募の候補とするべきではありません。

 

企業がその専門的な経験や知識を強く求める求人の場合、むしろ経験を積んでいる中高年の方が有利です。

 

中高年が有利となる求人とは、他の人材ではカバー出来ない、応募者独自の専門分野での経験値が求められていますので、それを念頭に求人情報をチェックしましょう。

 

その為には、1件でも多く求人をチェックして目を養う、またプロからの求人オファーやスカウトの内容をチェックする事が大切です。

 

経験を持つ業界を最初はメインにして転職・再就職活動をする事に関連した記事を以下にご紹介します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク