中高年の転職支援サイトでの注意事項

自身の行動力とプロ支援とPDCAで転職と再就職成功の可能性を広げる

中高年の転職支援サイトでの注意事項

民間の転職や再就職の求人を紹介しサポートするサービスは、求職者が就職に成功するために出来得る限りの支援をします。それは支援会社へ利益をもたらすための彼らの仕事であるからです。

 

しかし支援は、あくまでも支援であり、全てを彼らに任せておけば転職や再就職に成功するということではありません。最期は、求職者が自ら積極的に活動するか否かで決まります。

 

求人をする会社に対して、「欲しい人材」と受け止めてもらうためには、プロに任せるだけでなく自分自身の果敢なチャレンジ精神と実行力が不可欠です。自身の行動力とプロの支援、さらにはPDCAの活用で成功の可能性を広げましょう。

中高年の転職支援サイトでの注意事項 記事一覧

求人企業側の目的・背景・意図
中高年を求人をする企業側の目的・背景・意図を読み取り転職活動を

転職・再就職と一言で言っても、20代での転職と中高年の50代の転職や再就職では、人材を求める企業の意図・目的が全く異なってきます。中高年の人材を募集する企業の意図と背景、そしてそれに正しく適応した応募を心掛ければ、不採用となる確率は必ず減ります。同じ業界で同じ業務をターゲットに同じ業界・業務の求人を中高年を募集する企業は、必ず採用する人物に付加価値を求めます。企業は書類選考、面接で、その付加価値が...

続きを読む
活動の冒頭に受けたアドバイス
転職支援担当者から50代前半の転職活動の冒頭に受けたアドバイス

転職のプロからの成功のためのヒント一部私が当サイト内でお勧めしている内容と重複しますが、中高年の方が転職・再就職活動を行うにあたり、私が50代の前半で実際に転職活動をスタートした冒頭に受けた、転職支援エージェント会社のキャリアコンサルタント、ヘッドハンターからの基本アドバイスをお伝えします。アドバイス頂いた方も、立派な中高年世代の方でした。以下、頂戴した文面をそのまま記述します。転職のプロからの中...

続きを読む
求人と応募のマッチング判断
求人と応募のマッチングは自分で勝手に判断せず転職のプロに任せる

当サイト管理人の私が実際に経験した、求人応募の事例を紹介します。複数の転職支援サイト、エージェント会社から数件の求人オファーを受け取った時、それぞれの求人案件の要求事項が私には、あまりマッチングしていると感じなかった事例です。自分ではマッチングしないと判断したが…求人のマッチングはプロに任せるその時は4件の求人紹介を、ほぼ同時期にオファーされたのですが私が感じた通り、4件の求人オファーの内の3件は...

続きを読む
求人企業へ直接コンタクト
転職サイト担当者にフォローを依頼し求人企業へも直接コンタクト

求人に応募し、書類審査が合格し、その後面接を受け、さて最後の採用か不採用かの結果待ち…もちろん、すぐに最終結果を連絡してくれる場合もありますが、中には特に外資系の場合、本社が海外に在り、そこで人事の最終決定がなされるようなケースですと、最終の意思決定までに、それなりの時間を要する求人もあります。キャリアコンサルタント・ヘッドハンターにフォーローを依頼する自分で応募した案件もプロにフォーローを最終の...

続きを読む
求人応募要項・条件の変更・キャンセル
求人の応募要項・条件が変更・キャンセルとなる場合もある

企業が出す求人要項で、例えば10個の条件があり、その内で9個まではクリアーしても、たった1つの条件がクリアーされない、自分と条件が合わないという場合があります。自分の条件に9個まではマッチングしている、給与などの条件も希望に近い、たった1個の条件だけが合わない、なので応募が出来ずに悔しい思いになる時もあります。特に中高年者の場合、それが年齢であったり、勤務地であったりなどしますが、実はこれにも注意...

続きを読む
不採用・不合格はステップ
不採用・不合格は希望通りの転職・再就職を手にする為のステップ

1社でも多くの転職支援サービスサイトやエージェントに登録し、また可能性が少しでもある求人には、ドシドシと応募することをお勧めしますが、転職・再就職活動を活発に多く行えば、当たり前ですが行動した数に比例して、「不採用・不合格」という結果を受け取ることとなります。これは中高年の転職・再就職活動では避けられない事です。気にせずに、思い描いた成功を手にするまで活動を継続しましょう。誰でも落ち込む不採用には...

続きを読む
悩む前に果敢に挑戦
中高年向き求人が少ないと悩む前に可能性を見つけ果敢に挑戦

中高年で40代、50代となると、そもそも応募できる求人案件が無い、少ないという現実に直面します。しかし、どんな求人でも応募するのは勝手です、自由です。自ら可能性を捨てる必要はありません。プラス5歳までは許容範囲プラス5歳までOKな求人も私の経験から言いますと、求人要項の年齢制限のプラス5歳までは許容範囲である場合が少なくないです。あるエージェントの方によれば、年齢制限はケースバイケースで変わる、企...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク