中高年の転職・再就職 - 先輩の経験記

私の先輩の転職経験・体験記

本カテゴリーでは当サイト管理人の先輩の転職体験記をご紹介します。大学卒業後、30歳代で最初の転職をし、また還暦の60歳代で3度目の転職をした先輩の記録を、本人の記述で語って頂いています。人生のベテランが語る転職とは・・・転職・再就職を考える中高年の方は参考にして下さい。

私の先輩の転職経験・体験記 記事一覧

モノを書く仕事に就けた満足の就職と30代の転職の引き金


満足の就職

私が最初に就職したのは旧日本短波放送で、モノが書ける会社への就職を希望していた私には満足のスタートだった。その後、スクープをものにしたいという思いが湧いてくるようになり、それが0歳代の私の一回目の転職の引き金になった。

≫続きを読む

 

1回目の30代での転職の引き金となった取引先企業スクープ記事


取引先企業のスクープ記事

キャップから電話取材でなく、企業に直接取材するように指示を受けた私は、取材先企業の経理部長のコメントからスクープ記事を得た。スクープ記事がオンエアされ、してやったという気持ちになった一時間後、予期せぬ冷水を浴びせられた。

≫続きを読む

 

転職・再就職先のあても無く退社したが今でも後悔はしていない


あても無く退社

私のスクープ記事に対してスポンサー会社からクレームを受けた。部長から始末書の提示を求められた私は、その日のうちに始末書でなく退職願を出した。30代での1回目の私の転職は、再就職先のあてなど全くないままの退社であった。

≫続きを読む

 

職安を通じ再就職先を探し転職求人情報誌で見つけた就職先


求人情報誌で見つけた就職先

私の30代での1回目の転職は、職安を通じての再就職先探しの日々からスタートした。新たに物書きに従事できる再就職先活動を半月近く続け、を第2の就職先を転職情報誌で見つけた。ある経済評論家が主宰する書き屋集団であった。

≫続きを読む

 

転職先の職場で先輩から命じられた業務内容とアドバイス


先輩から命じられた業務内容

私の30代での転職先では、もの書き屋の基本を徹底的に叩きこまれた。とにかく取材し書くことを教えられた。また6年間耐え抜いたら独立、または転職をしろという指示も受けた。仕事は、地方新聞向けの銘柄研究を書くことで始まった。

≫続きを読む

 

鮮烈に覚えている転職先での信託銀行の常務取材の想い出


信託銀行の常務取材

1社目の転職先での想い出として鮮烈に覚えているのが、ある信託銀行の常務に対する取材である。アポイントがなかなかと取れない信託銀行の常務、酒の力を借り腹をくくり、秘書室に座り込んで待ちコメントを取った事が忘れられない。

≫続きを読む

 

第2の転職として独立し人脈に恵まれた好スタートをきる


独立し人脈に恵まれる

私の2回目の転職は、転職先で受けた指示とおりに独立という形であった。第2の転職、独立後の仕事は恵まれた人脈で手中に収めていった。また最大手証券にのし上がっていた証券会社の錬金術をテーマに原稿を書き、更に単行本も発行した。

≫続きを読む

 

独立という第2の転職での試練とベテラン編集者の凄さを痛感する


独立という試練

第2の転職で独立を選んだ私は、自身では原稿を書かない出版社の編集者の、中途半端な物書きでは足元にも及ばない情報収集力・整理力・構成力に6か月、鍛えられた。なんとしても勝ちたいという思いが私の源泉だったと自負している。

≫続きを読む

 

60代での3回目の転職で会社を閉じたが書き屋という仕事を続ける


書き屋という仕事

私の60代での3回目の転職は、維持が難しくなった自分で興した会社を閉じる事であった。しかし物書きの領域を広げる努力を始め、web媒体等との付き合いも始まり、代筆横丁稼業も始めた。今後も書き屋という仕事は続けるつもりだ。

≫続きを読む

 

転職とはこれこそ自分の仕事と確信することを行う場所を変えること


自分の仕事と確信すること

私は転職とは、仕事を変えることでは無く、これこそ自分の仕事と確信することを行う場所を変える事であると考えている。自分がレベルアップしたと確信できれば転職すべきだ。日本を支える匠になるための転職は大いに結構だと考える。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead