客観的な転職・再就職活動失敗レポートで友人知人からも忠告を貰う

転職・再就職失敗レポートで中高年の知人友人の忌憚の無い忠告を

中高年が作成すべき自分の転職・再就職活動での失敗要因をまとめたレポートをエージェントに精査して貰ったら、次は友人・知人にも失敗レポートを見て貰うようにしましょう。

 

その際、実際に転職や再就職の経験を有する人で成功させている人に見て貰うのがベストです。

 

 

自分の事を知っている人ならではのアドバイス

親しい人ならではの貴重なアドバイス

親しい人ならではの
貴重なアドバイス

中高年の友人や知人であれば、きっと同じ年齢層で中高年であるケースが大多数である筈です。

 

その方々から、自分の失敗経験と成功経験からのアドバイスを受けられます。

 

ご自身は経験が無くとも、失敗した人、成功した人を知っている事も少なくありません。

 

転職・再就職させるのが仕事であるプロのエージェントやヘッドハンターとは、また違った立場や視線で有益な情報を与えてくれる可能性があります。

 

貴方のバックグランド、性格、特長などを理解している友人・知人ならではのアドバイスもあるでしょう。

 

親しい関係であれば、歯に衣着せぬ、忌憚の無いストレートな忠告をして貰える事もあると思います。

 

貴方の性格を良く知っている人であれば、貴方に出来る事、出来ない事、努力して出来るようにすべき事などを理解した上で、真摯な対応で教えてくれるでしょう。

 

第三者的に客観的にレポートを作成する

中高年であれば、勤務した会社で様々なレポートを既に作成した経験が幾つかある筈です。

 

自分自身の転職・再就職活動の失敗レポートではありますが、自分から一歩離れて、距離を置いて出来るだけ第三者的な立場でレポートを作成しましょう。

 

話し言葉ではなく書かれた文字でのレポートには客観性が有り、更に事実を正確に把握出来るというメリットがあります。

 

先のページでお伝えした転職支援のプロ、そして同じような年齢層で転職・再就職経験のある中高年の友人・知人、そして自分自身が、そのレポートで現実、状況を客観的に判断する事が可能です。

 

自分自身、今後の転職・再就職活動の進め方に迷った際の指針にもなります。

 

PDCAの最期に、そして活動の失敗を貴重な体験として「糧」とする為に、また自分自身で得た大切な具体的なデーターを支援してくれる人達と共有し活用する為に、ご自身の転職・再就職失敗レポートを作成する事を重ねてお勧めします。

 

将来の「まさか」の事態への備えにも

年功序列、終身雇用という雇用形態がなくなりつつ近年の日本社会では、いつどんな事態で会社から解雇されるか、リストラに遭うか、また会社自体の経営が悪化するか予断を許しません。

 

現時点で転職や再就職に成功しても、いつ職を失うか、無職になるか予測など誰にも出来ません。

 

そんな「まさか」の事態にも、転職・再就職活動レポートは役に立ちます。

 

万が一失業した場合でも、きっと前回の活動記録は役に立つ筈です。

 

自分の人生の記録の1つとして保管しておく事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク