転職・再就職活動失敗レポートでプロの適切な指導と支援を得る

エージェントの有益な情報と支援が得る為の転職・再就職失敗レポート

PDCAの最期の仕上げとして、1つ1つの求人応募に対し転職・再就職活動の失敗レポートを作成する事をお勧めしていますが、中高年が転職や再就職を成功させるための失敗レポートの具体的な運用方法をお伝えします。

 

 

別の転職・再就職支援のプロに失敗レポートを見せる

個人では入手困難な情報が入手出来る

個人では入手困難な
情報が入手出来る

こちらの「同一の求人案件を複数の違う転職支援サービスが取り扱う」でお伝えしているように、1つの求人を1つの転職支援サービスが扱う訳ではありません。

 

1つの求人は、幾つかの転職支援サイトで、更には転職エージェントで取り扱われます。

 

A社という転職支援サイトで見つけた求人に応募し面接で不採用となった場合でも、その求人をB社という転職エージェントで扱っている事も有り得ます。

 

A社は転職支援サイトですので、転職・再就職を希望する中高年自身が自分で何のプロのサポートも無しに応募する際、不採用の原因を知るのは不可能ではありませんが、こちらの「面接した社長に再度会いたいと言われ転職成功と思い込んだ案件」の私の経験のように電話で直接確認する以外、情報入手は困難です。

 

また採用となった人の詳細、何が採用の決め手となったのかも知る事は出来ません。

 

転職・再就職活動失敗レポートを作成し、それを転職エージェントに提示すれば、それらの貴重な情報が入手出来る可能性があります。

 

他の転職・再就職成功者の成功要因を知る事も大きなメリットに

不採用となった求人を、違う転職エージェントも扱っていたかも知れない、更にはそのエージェントは別の中高年の求職者の転職・再就職を成功させているかも知れないからです。

 

勿論、取扱っていない場合もありますが、もしも扱っていたのならば、個人では知り得なかった貴重で有益な情報が入手出来ます。

 

失敗の内容を精査し次回からの計画や行動に反映する事は非常に重要な事ですが、成功した他の転職者、再就職者の事例から成功要因を知る、その要因から学ぶ事も同時に重要な事です。

 

失敗要因と成功要因の2つの詳細な情報が入手出来れば、改善すべきトコロ、加えるモノが具体的に、転職・再就職希望者と支援サービスの担当者とで共有が出来、非常に有効で戦略的な「次の手段」を講じる事が可能となるのです。

 

知り得なかった重要な情報が入手出来る可能性

転職・再就職のプロ自身、貴方の失敗レポートを精査し、更にはその他の成功者の成功要因を精査する事で、中高年求職者に適切な求人を探し採用される為の有益な支援を展開する事になります。

 

このように転職・再就職活動のレポートには、様々なメリットを生み出してくれるのです。

 

1つ1つの個別の求人応募の実績をレポートとして作成し、運用する事をお勧めします。

 

支援をするプロと情報を共有する

自分の失敗を人に見せる事を多くの人は避けたがりますし、中高年という年齢ではなおさらでしょう。

 

しかし貴方の転職や再就職を真剣に支援するプロとは、全ての出来事や情報を共有すべきです。

 

貴方自身への理解度も深まり、次回にオファーしてくれ求人とのマッチング度も高くなります。

 

支援をしてくれるプロは貴方の協力者であり理解者であるべきです。

 

常に互いに情報を共有し、さらに良好な人間関係を構築するようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク