不採用の要因を糧にPDCAで転職・再就職活動の改善を継続

ライバルに負けた場合と会社の求めるモノとズレがあった場合

面接で不採用、つまり最終段階で採用されなかった場合、その理由は大きく分けて2つのケースがあります。

 

ライバルに負けた場合と、会社の求めるモノとズレがあった場合の2つです。

 

ライバルに負けた時に考えるべき事

ライバルに負けた時に
考えるべき事

いずれの場合も、会社が貴方という人材を採用する事にメリットを感じない、または他の候補の方がメリットが大きいと判断したわけです。

 

自分で応募した場合でも、転職支援サイト担当者、エージェント経由での応募でも、必ず出来る限りの情報を入手し次回の活動の「糧」にしましょう

 

 

ライバルに負けた場合

最終場面でライバルに負けて不採用となった場合は、以下の情報を入手しましょう。

 

  • どこが人材として劣っていたのか
  • どれほど評価に差がついたのか
  • ライバルが採用された決め手は
  • 自分のマイナスな評価の内容は
  • 自分のプラスに評価された内容は

 

今後も同様の職種、業界の求人に応募するならば、必ず反省点として必要な情報です。

 

正すべきところを正し、欠けているところは補い、更にはプラス評価されたトコロは強調し、次回は必ず採用を勝ち取れるように「糧」としましょう。

 

会社の求めるモノとズレがあった場合

会社が人材に求めるモノとズレがあり、完全なマッチングで無かった事が不採用の要因である場合は、以下に関する情報を手に入れ「糧」にしましょう。

 

  • 何がズレていたのか
  • どれほどズレていたのか

 

必要に応じて、今後の転職・再就職活動の進路を見直す為に不可欠な情報です。

 

転職・再就職支援のプロからの客観的な意見も

さらに情報として得るべきは、支援をした転職・再就職のプロの客観的な意見です。

 

彼等は自分の仕事として、数多くの求人を扱い、多くの転職・再就職希望者のサポートを行い多くの成功と失敗に接しています。

 

また支援をするプロとして、この求人には、この人材がマッチする、採用される可能性が高いと判断して支援をした筈です。

 

最終的に不採用となった結果は、彼等プロの判断ミスや指導ミスであり、繰り返すべきではない失敗でもあります。

 

そのプロからの意見と見解も非常に貴重な情報となります。

 

彼等の客観的な意見として

  • 一般的な見地からの一般的な反省点
  • 貴方個人のみのケースでの個別的な反省点

を情報として提供してもらうようにするべきです。

 

PDCAを応用し転職活動の改善を継続する

転職支援サイト、エージェント会社からのオファーでの求人応募の場合、上記を担当者と情報を共有し今後の善後策を協同で検討するようにしましょう。

 

進路修正し、少しでも有利な転職・再就職が出来るように、また早く採用を勝ち取れるように「糧」にして、PDCAを応用し活動の改善を継続しましょう。

 

求人に応募し採用されなかった、より正確で詳細な情報を得るためには、自分自身の実際のPDCAを失敗レポートとしてまとめる事です。

 

次ページより詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク