中高年の転職・再就職 - 失敗レポートの作成と運用

転職・再就職活動失敗レポート作成と運用

中高年の年齢で面接まで漕ぎ着けて不採用となるとダメージは大きいものです。しかし失敗は貴重な体験、重要なデーターとして次回に活かさなくてはなりません。転職・再就職失敗レポートを作成する意義、その運用方法をお伝えします。

転職・再就職活動失敗レポート作成と運用 記事一覧

不採用の要因を糧にPDCAで転職・再就職活動の改善を継続


PDCAを継続

私が中高年の転職・再就職活動を成功させる為に提唱するPDCA。その手法は不採用となり、次回の活動に挑む際に効果を発揮します。PDCAを応用し活動の改善を継続し、転職・再就職に成功する具体的方法をご説明します。

≫続きを読む

 

PDCAの仕上げとして転職・再就職活動失敗レポートを作成


PDCAの仕上げレポート

PDCAの仕上げステージCheck & Actでは転職・再就職失敗レポートの作成をお勧めします。具体的な求人内容、条件への応募で失敗したのかデーターで残す事で自身の客観的な反省材料となりプロの指導も受けやすくなります。

≫続きを読む

 

転職・再就職活動失敗レポートでプロの適切な指導と支援を得る


失敗レポートで適切な指導と支援

中高年の求職者の転職・再就職失敗レポートは、先ず転職エージェントに内容を精査して貰う事をお勧めします。個人では入手出来なかった不採用の原因などが判明し、更に次回の求人応募に際し、有益で適切なサポートと支援が受けられます。

≫続きを読む

 

客観的な転職・再就職活動失敗レポートで友人知人からも忠告を貰う


友人・知人からも忠告を

中高年自身の転職・再就職失敗レポートをエージェントに精査して貰った次は、友人・知人にも内容をチェックして貰うと良いでしょう。親しい関係、同じ中高年という年齢ならではの貴重な忌憚の無いアドバイスが受けられる可能性があります。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead