転職・再就職活動失敗レポート作成と運用

各支援サービスによってオファーされる求人のマッチング度が違う

転職・再就職活動失敗レポート作成と運用

当サイト管理人が最も多くの転職支援サービスを利用していた時は、一日に幾つもの求人オファーメールやスカウトメールを受け取りました。それらの求人は、マッチング度においてさまざまなレベルでしたが、当然ながらマッチング度が極めて低い求人はありませんでした。私の登録時の条件や希望のフィルターを通してのオファーですから、当然と言えば当然です。

 

しかし各支援サービスがオファーしてくる求人でも、常にマッチング度が高い求人を紹介するサービスもあれば、そうではないサービスもありました。取捨選択している担当者のレベル、または会社の方針での差であると思われますが、マッチングの高さは求職者本人に直接関係することです。

 

どのサービス、または担当者が最も自分にマッチしているか、慎重に精査することも転職・再就職活動の一環であると私は考えます。

転職・再就職活動失敗レポート作成と運用 記事一覧

PDCAを継続
不採用の要因を糧にPDCAで転職・再就職活動の改善を継続

面接で不採用、つまり最終段階で採用されなかった場合、その理由は大きく分けて2つのケースがあります。ライバルに負けた場合と、会社の求めるモノとズレがあった場合の2つです。ライバルに負けた時に考えるべき事いずれの場合も、会社が貴方という人材を採用する事にメリットを感じない、または他の候補の方がメリットが大きいと判断したわけです。自分で応募した場合でも、転職支援サイト担当者、エージェント経由での応募でも...

続きを読む
PDCAの仕上げレポート
PDCAの仕上げとして転職・再就職活動失敗レポートを作成

私は自分自身の転職・再就職活動に、ビジネスの基本である「PDCA」を取り入れていました。PDCAは、どのステージも重要ですが、転職・再就職が決まらない、なかなかと採用が決まらない中高年にとって、最期のステージである「Check & Act」が最も重要なステージであると考えています。PDCAの仕上げと次に繋げるために転職・再就職失敗レポートの作成「Plan・Do」で転職・再就職活動が上手く行かなかっ...

続きを読む
失敗レポートで適切な指導と支援
転職・再就職活動失敗レポートでプロの適切な指導と支援を得る

PDCAの最期の仕上げとして、1つ1つの求人応募に対し転職・再就職活動の失敗レポートを作成する事をお勧めしていますが、中高年が転職や再就職を成功させるための失敗レポートの具体的な運用方法をお伝えします。別の転職・再就職支援のプロに失敗レポートを見せる個人では入手困難な情報が入手出来るこちらの「同一の求人案件を複数の違う転職支援サービスが取り扱う」でお伝えしているように、1つの求人を1つの転職支援サ...

続きを読む
友人・知人からも忠告を
客観的な転職・再就職活動失敗レポートで友人知人からも忠告を貰う

中高年が作成すべき自分の転職・再就職活動での失敗要因をまとめたレポートをエージェントに精査して貰ったら、次は友人・知人にも失敗レポートを見て貰うようにしましょう。その際、実際に転職や再就職の経験を有する人で成功させている人に見て貰うのがベストです。自分の事を知っている人ならではのアドバイス親しい人ならではの貴重なアドバイス中高年の友人や知人であれば、きっと同じ年齢層で中高年であるケースが大多数であ...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク