履歴書・職務経歴書は手書きかパソコンで作成か

高齢の中高年は手書きとPC作成の両方の求人応募書類を提出する

中高年の方で、履歴書などの求人応募書類は

  • 手書きで作成するべきか
  • パソコンを使いプリントアウトするべきか

迷う方もみえるでしょう。

 

若年層の人が何の抵抗もなくパソコンで作成するのに比べ、中高年という年齢であれば、手書きにするべきではないか、パソコンで作成した履歴書では失礼になるのでは、と考えるようですが、私は今まで全てパソコンで作成して提出しています。

 

理由は、私は字が下手だからです。

 

 

履歴書は手書きの方が好感を持たれるか!?

手書きでもパソコでもどちらでも構わない

手書きでもパソコでも
どちらでも構わない

実際に私が転職をした会社の採用担当者や、また転職エージェント、ヘッドハンターの方々に確認したことですが、応募書類が手書きかパソコンでの作成かは、採用・不採用には一切関係ない、とのことでした。

 

ですがごく稀に、手書きの書類を「良し」とする、若干アタマの固い採用担当者も居るだろう、とのこと。

 

ただ職務経歴書は、当サイトで繰り返しお伝えしているように、常に推敲を続け完成度を上げアピール度を高める、また各求人に合わせて書き変える必要もあるため、私個人としてはパソコンで作成する事をお勧めします。

 

また、これはあくまでも私感ですが、中高年でも30代や40代前半の方であれば、パソコンスキルが身に付いているかどうか、採用担当者に疑われる事は無いと思いますが、50代以降の高齢の中高年の中には、パソコンスキルが無い人、パソコン音痴の方も時にみえます。

 

履歴書はフォーマットが決まっていますので、パソコンで出力する場合、まずそのフォーマットのダウンロードから行うこととなりますが、それには最低限のパソコンスキルが必要となります。

 

手書きとパソコン作成の両方を提出する

ですから、もしご自分が中高年でも高齢の部類に入る方は、むしろパソコン出力の書類の方が最低限のパソコンスキルを持っているアピールにはなると思います。

 

私は行いませんでしたが、お勧めとしては、フォーマットが決まっている履歴書をパソコンで作成し職務経歴書を手書きするというのもアイデアだと思います。

 

また転職や再就職経験の無い方は、転職エージェント、ヘッドハンターの方から書き方の指導を受けることをお勧めします。

 

履歴書、職務経歴書の書き方指導については、以下の関連記事もご一読下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク