転職サイト・エージェントの内部事情通の貴重で有益なアドバイス

私が転職支援担当者から実際に受けた貴重で有益なアドバイス

転職支援サイト、エージェント会社で、求人をしている会社に対し既に過去に於いて実際に人材を紹介・斡旋し、転職を成功させた経験を持つサービス会社の場合、その会社の経営者、人事担当者などの採用に関するキーマンの事を熟知しているケースが多々あります。

 

こういう場合、非常に大きなアドバンテージがあります。

 

 

私が実際に受けたアドバイス

最高に貴重なプロのアドバイス

最高に貴重な
プロのアドバイス

「社長はネガティブな考えや態度が大嫌いな方です。ですから面接では、とにかく前向きなポジティブな姿勢を出して下さい。」

 

「自分の失敗談を誤魔化す、失敗の責任を転嫁するような話は絶対に止めて下さい。あの会社の人事担当の方は、そういう誤魔化し、また女々しい態度が何より嫌いです。」

 

「必ずスーツにネクタイで面接に臨んで下さい。会社代表は、身だしなみをとても重要視する人です。」

 

「前回、最終面接で不採用となった方がみえますが、不採用の理由は○○でした。ですから、その点には充分に注意して下さい。」

 

「会社代表はプロ野球が3度のメシよりも好きな方ですので、事前に代表が熱狂的なファンである○○(プロ野球の球団名)の最新情報を仕入れておくと、面接での会話に花が咲くかも知れません。」

 

以上は、実際に私が転職支援サイト会社の担当者やエージェントから受けたアドバイスで、私の転職体験記の記事「外資系転職支援スタッフとの有意義な打ち合せと第1回目の面接」でも、一部お伝えしている内容です。

 

これほどの貴重なアドバイス、情報は無いと受け止めました。

 

面接相手の特長、そして注意すべきことが事前に分かっていれば非常に有利な面接が出来ます。

 

精神的に余裕が持てます。

 

中高年ならではの大人の準備と対応

このように転職支援サイト、エージェント会社の、キャリアコンサルタント、ヘッドハンターのアドバイスは最高に貴重であると断言出来ます。

 

若年層の若い人の転職・再就職であれば、その若さ、パワーを売りにすることが可能です。

 

逆に中高年の場合は、年齢にふさわしい常識、落ち着きなどがPRポイントとなりますが、このように相手のことを事前に知っておけば、中高年として与えなくてはならない印象やイメージが事前に把握できます

 

また中高年の転職・再就職では、最終的な採用を決める方も大多数が中高年です。中高年同士でしか出来ない会話や受け答えで、親しみを感じる印象を与える事が可能となります。

 

逆に、それらの事前情報が無いと、最悪、面接の失敗ということも有りえます。ここでも優秀なキャリアコンサルタント・ヘッドハンターとの出会いの重要性がお分かり頂けると思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク