先ず転職サイトの担当者に中高年の自分を理解して貰う

転職支援サイト会社にも自己PRをし優秀な担当者に興味を持たせる

求人案件のマッチングの重要性は、こちらの「転職支援サービスが重要視する求人側と応募側のマッチング」でお伝えしていますが、より精度の高いマッチング求人案件への応募のためには、転職支援サイトのキャリアコンサルタント、担当者、エージェントやヘッドハンターに、貴方自身を十分に理解してもらい把握して貰うことも重要です。

 

 

文字だけでは説明できない内容

文字だけの相互理解には限度が

文字だけの相互
理解には限度が

自分の今までの経歴は当然ですが、直近の状況、現在の状態、転職に望むこと、転職に対する不安などなど、さまざまな自分の、さまざまな面を理解し把握して貰う、そしてその上で最適な求人案件を紹介して貰うことが大切です。

 

そのためには、やはり提出書類やメールの文字だけではなく、会話が必要となります。

 

また私の実際の具体例ですが、私の属して働いていた業界は、一般的なビジネスの世界では、それほど社会的に知られていない業界ではなく、殆どの人が知らない業界でした。

 

一般的に知られていない業界での職務経歴、仕事上での役割や実績を文字だけで説明するのは不可能に近いものがあり、もし出来たとしても、ちょっとした転職支援担当者の誤解が後々、大きな祖語となる可能性もあります。

 

また1つの求人案件が不採用となっても、その次の求人案件を引き続き紹介して貰うには、自分の事、自分の条件、環境などを正確に詳細に把握して貰うことがとても大切です。

 

求人を出す企業だけではなく転職支援サイト会社にも自己PRを

先に優秀なキャリアコンサルタントを見つける必要性をお伝えしましが、その第一歩として自分を転職支援サイトに対してもPRする必要があります。

 

そこに属するヘッドハンター、キャリアコンサルタントに、自分に関心と興味を持ってもらうのです。

 

良好な人間関係を構築して、自分の専属の転職斡旋アドバイザーになってもらい、適切で有利な条件の求人紹介を受けるのです。

 

では、どうやって自分に興味を持ってもらえば良いのでしょうか?

 

次ページで、その方法をお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク