転職支援サイトの賢い運用と有利な活用方法

中高年の自分にマッチする求人情報と担当者をゲットするために

転職支援サイトの賢い運用と有利な活用方法

いくらインターネットを含む様々なIT技術が普及しても、人同士の相互理解のためのコミュニケーションは不可欠であり、人間社会では最も重要な要素です。相手を理解し、自分を理解してもらうことで社会や組織は成り立っています。

 

転職や再就職活動でも同じことで、より条件に合う、希望にマッチする求人に応募するためには、支援をしてくれる担当者を理解し、自分を理解してもらう必要があります。互いの理解度が浅くては紹介される求人のマッチング度は低くなる、最悪の場合は紹介されないということに成りかねません。

 

さらに求人のマッチングだけでなく転職や再就職をサポートする担当者とのマッチングも活動を左右します。常に自分から発信し情報を吸収し、取捨選択するスタンスが大切です。

転職支援サイトの賢い運用と有利な活用方法 記事一覧

先ず担当者に理解
先ず転職サイトの担当者に中高年の自分を理解して貰う

求人案件のマッチングの重要性は、こちらの「転職支援サービスが重要視する求人側と応募側のマッチング」でお伝えしていますが、より精度の高いマッチング求人案件への応募のためには、転職支援サイトのキャリアコンサルタント、担当者、エージェントやヘッドハンターに、貴方自身を十分に理解してもらい把握して貰うことも重要です。文字だけでは説明できない内容文字だけの相互理解には限度が自分の今までの経歴は当然ですが、直...

続きを読む
自己PR資料を登録しアピール
自己PR資料を転職サイトに登録し積極性をアピール

転職支援サイトの担当者、キャリアコンサルタント、ヘッドハンターに自分に対して興味を持ってもらうには…つまり転職支援サイトの、転職や再就職を成功させるための運用方法は…自己PR資料を作成し提出・登録する自己PR資料を提出・登録ほとんどの求人の応募では、「職務経歴書」の提出が求められますが、それ以外に自主的に自己PR資料を作成し提出することを、特に中高年の転職・再就職活動では強くお勧めします。こういう...

続きを読む
手書きかパソコン作成か
履歴書・職務経歴書は手書きかパソコンで作成か

中高年の方で、履歴書などの求人応募書類は手書きで作成するべきかパソコンを使いプリントアウトするべきか迷う方もみえるでしょう。若年層の人が何の抵抗もなくパソコンで作成するのに比べ、中高年という年齢であれば、手書きにするべきではないか、パソコンで作成した履歴書では失礼になるのでは、と考えるようですが、私は今まで全てパソコンで作成して提出しています。理由は、私は字が下手だからです。履歴書は手書きの方が好...

続きを読む
内部事情通の貴重なアドバイス
転職サイト・エージェントの内部事情通の貴重で有益なアドバイス

転職支援サイト、エージェント会社で、求人をしている会社に対し既に過去に於いて実際に人材を紹介・斡旋し、転職を成功させた経験を持つサービス会社の場合、その会社の経営者、人事担当者などの採用に関するキーマンの事を熟知しているケースが多々あります。こういう場合、非常に大きなアドバンテージがあります。私が実際に受けたアドバイス最高に貴重なプロのアドバイス「社長はネガティブな考えや態度が大嫌いな方です。です...

続きを読む
良好な人間関係
中高年の人間関係構築能力を活かし様々な転職情報をプロから得る

中高年が転職・再就職活動を続けるにあたり、転職支援サイトやエージェント会社の担当者の方は、直接に自分の仕事に関わりが無い事についてもプロとして、就職、求人市場に関連する事で何がしかの役に立つアドバイスをしてくれることも多々あります。いろいろなアドバイスを転職のプロから受ける転職プロの色々なアドバイス例えば私の実際の経験として、なかなかと自分の希望や条件に合う求人が見つからない時、いつも求人を出して...

続きを読む
プロから来たオファーは必ず保留に
転職サイトのプロから来たオファーは必ず保留にして断らない

中高年の転職・再就職活動に於いて、支援してくれるプロからオファーされる求人案件は、複数キープされることをお勧めします。これは勿論、出来ればの話となりますが、もともと若年層に比べ件数が多くない中高年の求人件数、こちらの体験記「保険とした転職オファーと転職・再就職支援で違う応募者の扱い方」に書いたように、可能であれば「保険」を持つべきです。事態の変化に対応できるように緊急事態に備え保険となるオファーを...

続きを読む
ブラック企業を判定する手掛かり
多くの求人情報を目にする事がブラック企業を判定する手掛かりに

転職支援サイト、エージェント会社に登録し、多くの求人情報をチェックしていると自然に分かることがあります。それは、年がら年中、常に求人を出している会社が数社あるということです。「中高年の人間関係構築能力を活かし様々な転職情報をプロから得る」でも少し触れましたが、特に営業系で、また募集する対象年齢の幅が広い、つまり中高年でも定年退職者でも応募が可能な求人案件が、この傾向にあります。通年で人材を募集する...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク