外資系企業が本国から日本に持って来られない経営資源

重要な人・モノの経営資源を外資系が求人で中高年転職者に求める

昔から大切な経営資源として挙げられる「人・モノ・金」、日本に進出する外資系企業の求人が中高年向きというのは、まさしくこれらの「人・モノ・金」のうちの、「人・モノ」に対するニーズと言えます。

 

 

中高年に期待される人材教育・人材育成

日本でしか手に入らない経営資源

日本でしか手に入らない
経営資源

前頁でご説明した「人脈」、これも「人」という経営資源と言えますが、地盤の無い異国の地の日本に海外から進出した外資系企業が、会社経営をし発展させるには日本人従業員の「人材教育・人材育成」は欠かせません。

 

そして日本独自のビジネスマナーを身に付け、若年層の日本人を教育し育成出来るのは、やはりベテランの日本人ビジネスマンです。

 

文化や価値観が違う外国人では理解し得ない、また習得も困難な日本独自の習慣、風習、人間関係を理解した上での人材教育・人材育成…

 

さらに、例えば以前は自分の部下であった有能な人材をスカウトする、というアクティビティーも中高年の転職者には期待されます。

 

企業は人なり、とも言いますが、進出した日本で強固な体制を構築し、将来に渡り発展する企業作りという面において、外資系企業では中高年の経験、スキルが求められます。

 

外国人マネージャーの教育・指導の役割

外資系企業では本社を構える本国から、現地の外国人スタッフを日本に駐在させている会社が多くありますが、その外国人スタッフには役員クラスやマネージャーなどの管理職の人もいます。

 

外国人管理者は海外経験が豊富な人もいますが、しかし日本の商習慣には慣れていない、知識や経験が不足している人も少なくありません。

 

会社の管理職には、顧客の管理職に応対するという業務と役割が求められますが、この際も日本独自のビジネスマナーを身に付けておかないと、重要な顧客のマネージャーに対して礼を失する事も十分にあり得ます。

 

キャリアを持つ日本人の中高年人材には、若年層だけではなく、外国人管理職に対する指導も含まれます。

 

中高年の腕の見せ所と言えるでしょう。

 

中高年が持つ製品・サービス知識

外資系企業が日本市場に乗り込んで展開する事業…

 

製品であれ、サービスであれ、技術であれ、それらが日本に全く無かったモノであれば、外資系企業が日本の市場を独占することも可能でしょう。

 

しかし現代では、そのようなケースは稀で、殆どの場合、同様の製品、サービス、技術が既に日本に存在しています。

 

その中で外資系企業が新しく営業を展開するには、既存の日本製の製品やサービスとの差別化が必要となります

 

同様の製品やサービスと比べて、新しいところ、加わった付加価値、メリットを十分に理解し営業展開をすることが求められます。

 

また同様の日本製品を使うユーザーの意識も把握しておく必要があり、そういう製品知識とユーザー知識を持つ経験者、つまり中高年の熟練者、ベテランが外資系企業に求められます。

 

それゆえに、私の体験記「外資系企業の社長との転職後の待遇や条件の交渉と9社目の辞職」にもありますよう、大企業より待遇や条件が良い提示がなされるケースが多くなっています。

 

また、外資系企業への転職を検討される方は、コンサルタントの多くが日系外資企業、国内海外の求人を扱っており、転職希望者の可能性を広げてくれる外資系・日系グローバル企業への転職を専門に支援するサービスへの登録をお勧めします。

 

ロバート・ウォルターズ

 

JAC Recruitment

 

アージスジャパン

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク