外資系企業の求人が中高年向けで有利となる背景と理由

外資系が求人で中高年転職者に求めるもの 人脈・人材教育・製品知識

私の個人的な考えではありますが、外資系企業、特に日本に進出する、日本での市場を開拓したい外資系企業の求人は、様々な求人案件の中でも中高年向きであると思います。

 

中高年にはチャンスとなる外資系企業の求人案件が存在します。

 

 

日本に進出する外資系企業が欲しいもの

外資系で中高年に期待される要素

外資系で中高年に
期待される要素

何故、日本に進出する外資系企業の求人が中高年向きなのか…

 

それは外資系企業が、経験豊富な人材を求めるからであると私は判断しています。

 

経験豊富に含まれる要素は、人脈と人材教育と製品知識です。

 

これらは日本で外資系企業が日本でビジネスを展開するに必要不可欠な要素です。

 

そして、それらの要素はキャリアを積んでいる我ら中高年でしか持ちえない要素でもあるのです。

 

これらは日本の企業でも当然、経験豊富な中高年のベテラン人材に期待される要素ではありますが、日本に地盤の無い外資系企業では特に重要視されます。

 

何故なら、外資系企業の本社がある母国には無い要素、進出した国、地域、つまり日本でしか手に入らない要素だからです。

 

中高年が持つ人脈

先ず人脈を持つ人材のアドバンテージに関しては、顧客との人脈が挙げられます。

 

顧客とのコンタクトルート、つまり顧客にアクセス出来る人脈を持つ人材、中でも決定権を持つキーマンである顧客との間に人脈がある人材ならば、喉から手が出るほど欲しい筈です。

 

むやみやたらな営業展開では無く、ピンポイントに絞った効率と効果の面で有利なセールスルートの確立が、人脈を持つ人材確保で一気に可能となります。

 

大切な転職・再就職支援担当者の意見と面接前の営業戦略書作成」にも書きましたが、私の50代での外資系企業への転職成功では、まさに新しい顧客とのコンタクトルートを私が構築出来るという自己アピールが有効でした。

 

また地盤の無い日本において、協力会社・取引先との人脈も非常に外資系企業にはメリットとなります。

 

コスト、納期、在庫の面で、異国の地である日本国内で協力してくれる会社との間に人脈があれば大きなメリットとなります。

 

この日本国内で協力関係が構築できる会社に人脈を持っているいう事も、私の実際の転職活動で有利に働いた経験があります。

 

更に後述する人材教育にも関連しますが、有能な人材との人脈も会社発展のための大きな要素となります。

 

このように、然るべき人脈を持っていると思われる中高年は、外資系企業の求人で有利な展開が期待出来ます。

 

私の外資系企業2社目の転職体験記「ブラック企業への転職を勧めない知人達と社長からの転職オファー」以降の記事も参考にしてみて下さい。

 

こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」では、外資系専門の転職支援サイトもご紹介していますので、登録することをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク