多くの中高年求職者に埋もれないよう職務経歴書で細大漏らさずPRを

中高年のキャリアをアピールする書類の職務経歴書は入念に作成すべし

どんな事柄でも有益なヒントを得るために、「逆の立場で考える」という方法があります。

 

高待遇の求人、中途採用募集では、中高年を含む多くの求職者が応募しますし、求人オファーやスカウトをする転職支援サービスのプロも、サービスに登録してある求職者の中から、マッチング度が高いのは誰かをチェックします。

 

好条件の求人に対し、転職エージェントの方が、多くの登録者の中から貴方を選ぶためには、多くの登録者の中に埋もれてしまわないようにしなくてはなりません。プロに選んでもらうためには自己PRが必要です。

 

転職支援サービスで、自分をPRする為に逆の立場で考えてみたら、どうなるでしょうか?

 

 

職務経歴書での自己PR

職務経歴書での自己PR

職務経歴書での自己PR

履歴書の内容は、どんな求職者、転職・再就職希望者でも似たり寄ったりでしょう。よほど非常識なもので無い限り同じようなコンテンツで、そこで強く自分をPRするのはなかなかと困難です。

 

しかし「職務経歴書」は違います。

 

求職者個々の違い、特徴が表現され報告されるべき書類であり、転職支援サービスのキャリアコンサルタント・エージェント・ヘッドハンターなど、転職のプロが注視する書類です。

 

彼等転職のプロは、職務経歴書を精査しマッチする人材に対して、自分の持つ求人案件をオファーしてきます。

 

この大切な職務経歴書、貴方の職務経歴書が他の求職者と同じようなものであれば、それを見る人はどう感じるでしょうか?

 

逆の立場、相手の立場で考えてみましょう。

 

細大漏らさず文字だけで自己PR

先ず第一のアドバイスとして、自分のキャリアを全て網羅するのは当然で、それを読み手に理解して貰う、さらに自分の強力なアピールとして、ある程度のボリュームで記述するべきです。

 

求職のための職務経歴書は、社内の報告書のように簡素を旨とするべきでは無いというのが私の考えです。一度も面識の無い相手に自分の社会人としての歴史を知ってもらう為の書類です。

 

ペラペラな薄い内容の職務経歴書では、転職支援のプロに関心を持ってもらえない、また熱意が疑われる危険性があります。

 

細大漏らさず、またアピール度のある書類とすべきで、その為にはある程度の長さの説明が必要と考えます。

 

この転職・再就職活動時点では求人を出している会社に個別に提出する職務経歴書ではないので、少々「くどい」と受け取られても良いので、存分に自己アピールをするべきと私は考えます。

 

先ず、こうして転職をサポートしてくれるプロの目に付く職務経歴書を転職支援サイトに登録しましょう。自己アピールに関しては、以下の関連記事も参考にして下さい。

 

転職のプロにお願いをする

職務経歴書を転職支援サイトに登録した時点で、すぐに担当者からコンタクトがある可能性があります。

 

私も数回、転職支援サイトに登録した数分後に、電話、メールでコンタクトを受けました。それは挨拶程度の場合もあれば、すぐに求人オファーを提案してくれたケースもあります。

 

さらにこの時点で、職務経歴書の添削アドバイスを受けた経験もあります。

 

コンタクトしてくれた転職・再就職のプロに、1日でも早く転職したい事を伝え、今後のサポートを丁重にお願いすべきです。

 

いずれの場合も、これで一歩、転職・再就職に近づいたと言えるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク