中高年求職者が1件でも多く求人紹介を受けスカウトされるためには

早く転職したい中高年だけでは無く求職をする方全ての方へのアドバイス

早く転職・再就職を決めたい中高年を含む全ての求職者の方に強くお勧めするのが、転職支援サイト、転職エージェント会社の活用、中でも転職を成功までサポートするキャリアコンサルタント・アドバイザー・ヘッドハンターと称されるプロに対する自らの積極的な行動、働きかけです。

 

当サイトで繰り返しお伝えしています中高年の転職・再就職に必須の民間の転職支援サービスの活用ですが、これから準備を整え、じっくりと転職活動をスタートさせるという方にも、どのように自ら行動すべきか、働きかけを行うべきかのアドバイスをお伝えします。

 

 

1度登録すれば求人情報を教えてくれる

転職支援には1社でも多く登録

転職支援には
1社でも多く登録

こちらの転職のプロの方からのアドバイス「転職支援担当者から50代前半の転職活動の冒頭に受けたアドバイス」にもありますが、もともと年齢のハンディーキャップのある中高年の求職者が、1件でも多く求人情報を入手し求人紹介を受ける、スカウトやオファーを受けるためには、1社でも多くの転職支援サービスに登録する事は必須です。

 

ハローワークの求人案件は採用、不採用が決まるのが早いことはお伝えしましたが、しかしハローワークは良い求人が発生しても貴方に教えてくれません、連絡をしてはくれません。

 

またハローワーク職員は、転職・再就職希望者の職務経歴と求人が求める人材能力とのマッチングに関して、厳密なチェックもしません。

 

あくまでも求人票に記述されている条件要件のチェックのみです。

 

また、ハローワークは求人を出す会社も無料で利用が出来る、会社に対する審査も事実上ないために、いわゆるブラック企業のブラック的な要素のある求人もあります。

 

当サイト管理人も「7社目 50代 ブラック企業に転職」でレポートしていますように経験をしています。

 

転職支援サイトやエージェントのように、条件がマッチした求人が発生しても、オファーメールやスカウトメールを送信してくれません。

 

良い求人案件があるのかどうか、常に普段から注意し自ら検索しないと、自分に適切な求人は分かりませんし探し出せません。

 

近年はハローワークが扱う求人も、以前よりも随分と求人検索がしやすくなったとはいえ、自分で求人を見つけるのが基本のハローワークに対して、転職支援サイト、エージェントに登録しておけば、該当する求人が発生すると、すぐにメールで教えてくれたり電話で連絡をしてくれます

 

徹夜してでも1社でも多く登録する

全ての転職支援サービスに登録するには、それなりの時間が掛かりますし、その登録も少々面倒である事は経験者の私も重々承知です。

 

しかし登録するのは1度で終了です。

 

こちらの「中高年は転職支援サイト・エージェントに全て登録する」で、コピー&ペーストで登録の手間を省く方法をご紹介していますので参考にしてみて下さい。

 

繰り返しお伝えしますが、たとえその日の会社勤務で精神的にも肉体的にも疲れていようと、今すぐに転職・再就職したいのであれば、深夜までかかっても、一晩徹夜してでも1社でも多く登録することを、強くお勧めします。

 

それほどに民間の転職支援サービスの活用は、中高年の転職や再就職成功の「かなめ」であると私は考えています。

 

いたって単純な話です。1社でも多くの転職支援サービスに登録をすれば、その分だけ多くの求人に出会うチャンスが増えるのです。

 

先ずは可能性を少しでも大きくする努力と行動をとりましょう。こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」で、登録すること、これは必要最低限のことです。

 

多くの求職者の一人から抜け出す

ここまでの行動は、普通の転職・再就職活動と大差はありません。

 

しかし1日でも早く新しい職に就きたいならば、新天地を求めるならば、再就職したいならば、登録した大小の転職支援サイトのキャリアコンサルタント・アドバイザー・ヘッドハンターと呼ばれる担当者に自らをPRする、そしてコンタクトをするようにしましょう。

 

あまたの求職者の中の一人ではなく、One Of Them で埋もれてしまうのではなく、頭1つ抜き出た求職者となる努力をすれば、それをしないライバルよりも一歩先に出る事となり、その分だけ早く転職・再就職できる可能性が高くなるのは自明の理です。

 

次項では、求職ライバルから抜け出る為に私が実際の取った方法、手段をお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク