貴方の実績・背景を知る人脈の活用は転職・再就職成功確率が高い

会社経営者・転職経験のある身近な人・信頼関係の強い人を優先する

早く転職・再就職を決めたいならば、その時点で持っている自分の人脈を活用するという最初の手段ですが、私の人脈活用経験談を参考としてお伝えします。

 

先ず、どういう人が転職・再就職活動に対し積極的に親身になってくれるか、支援をしてくれるかという事についてお伝えします。

 

 

最優先すべき会社経営者

転職先・再就職先の紹介をお願いするには、もちろんその方と人間関係、信頼関係が構築されていなければならない事は当然です。

 

前ページで、優先すべき人は「豊かな人脈を持つ人」とお伝えしましたが、多くの人脈を持つ人の中でも転職・再就職で最も頼りになるのは、会社経営者です。

 

もちろん会社のトップの社長、代表者が最も有効ですが、会社役員の方、管理職の方も大変に頼りになります。

 

私が実践したように、会社を経営している人が人脈にあるならば最優先で活用すべき、チェックすべきです。

 

最短で転職・再就職が決まります。

 

私の場合、その日に再就職が決まりました。

 

転職経験を持っている人

理解してくれる転職経験を持つ人

理解してくれる
転職経験を持つ人

人脈と言えるものを活用するという最初の手段で、私のケースで最も積極的に紹介をしてくれた方は、私が勤務していた会社と取引関係がある会社に勤務されていて、またご自分が何度も転職した経験を持っている人でした。

 

当時私が勤務していた会社と取引関係があるので、私が勤務する会社の内容、経営者の方針、事業内容などを良く知っている方でした。

 

更に、その方も数回に渡り中高年となってから転職をされる際に、ご自身も人脈を頼り、知り合いの紹介で転職に成功したとお聞きしていたので、お持ちの人脈も広いと判断しました。

 

こちらの記事「信頼出来る同業・関連業界の知人・友人に相談・情報収集」でもご案内していますが、当時の私に最も身近な社外の方でした。

 

早く転職・再就職を決めたいと望むならば、会社経営者の次に、こういう人物に相談する事をお勧めします。

  • 自ら転職・再就職の経験を持つ人
  • 貴方と勤務していた会社の内容を良く知っている人

に依頼し支援をお願いする事を優先的に考えましょう。

 

依頼を受ける人の立場

また、転職・再就職の支援をお願いをした相手がサラリーマンの場合、その人も一人の会社員として、いつどうなるか分かりません。

 

いつか逆の立場になることは十分に考えられます。

 

私が転職・再就職の紹介をお願いした方から後日聞いたのですが、私からの再就職先の紹介を依頼するメールを読んで、「いつ自分にも同じ事が起きるかも知れない…その時の為にも、また依頼に応える為にも、一度ケーススタディーとして紹介先をあたってみるか…」と考えられたそうです。

 

私のケースのように、貴方と信頼関係が出来ている方ならば、大多数の人は積極的に、親身になって貴方のために支援活動する、または情報を収集し提供してくれる筈です。

 

こちらの記事「転職支援担当者から50代前半の転職活動の冒頭に受けたアドバイス」で紹介しているように、人脈の活用は転職のプロも「貴方の実績・背景を詳しくご存知の方の人脈の活用は転職・再就職の成功確率が高い」と勧めています。

 

今すぐに転職や再就職をしたい中高年であれば、まず人脈ルートでの転職・再就職活動をスタートさせましょう。

 

以下の記事も参考にし下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク