中高年の転職・再就職 - 巨人からのリストラ

元巨人/巨人からのリストラを読んで

仕事とは会社とは組織とは職場とは…組織の中で如何に生きていくのか、働き甲斐とプライドの兼ね合いをどう考えるのか…そのヒントが「元・巨人 エリート集団 巨人からのリストラ」という本の大森剛氏の章の中に見出せるかもしれません。

元巨人/巨人からのリストラを読んで 記事一覧

「元・巨人 エリート集団巨人からのリストラ」大森剛氏の章を読んで


元・巨人 エリート集団巨人からのリストラ

野球界のエリート集団である巨人軍の、さらに一握りのエリートのみが華々しくファンに挨拶が出来る選手だ。エリート集団からファンも気づかないうちに引退する選手、リストラされる選手に焦点を当て取材したのが「元・巨人」という本だ。

≫続きを読む

 

自由契約・トレード・リストラはピンチかチャンスか


自由契約・トレード・リストラ

プロ野球の世界での自由契約やトレードは一般企業で働くビジネスマンに対する理不尽な配置転換、リストラを通告された時などと大差がない。どちらも雇用される側にとって、ピンチと受け取るかチャンスとするか、受け止め方は十人十色だ。

≫続きを読む

 

万年2軍選手でも腐ったら負けという精神で


腐ったら負け

巨人軍では不動の1軍メンバーに加え、毎年のように他球団からFA宣言した大物選手やってくるので、2軍から這い上がるのが困難な状況が続く。しかし万年2軍選手という状況が続いても、腐ったら負けという気持ちを持ち続けた。

≫続きを読む

 

仕事・会社への不満と今後の自身のキャリアのためという考え方


今後の自身のキャリアのため

転職を予定していても転職活動中でも再就職を望んでいる場合でも、今後のキャリアのために今の会社で学べることは学んでおくという姿勢は大事だ。どんな年齢層でも、よりキャリアを積んだ人間が有利に転職・再就職が出来るのは当然だ。

≫続きを読む

 

自分の仕事に対するスタイルは変えず実力で勝負して結果を残す


実力で勝負し結果を残す

プロ野球選手として監督にアピールする重要性は理解していたが、実力勝負で結果を残せば監督も使うと信じていた。実力主義で監督もセオリー通りの起用法をした。社会でも上司に好かれるため、上司好みの人間を演じるビジネスマンも多い。

≫続きを読む

 

巨人軍の選手で居続けたい・巨人と関わり続けたいという気持ち


巨人軍の選手で居続けたい気持ち

自分は巨人のファームで良しと思っていたわけでは無い。1軍でレギュラーを取る事を目標にしていた。ただ、客の少ない球団でレギュラーになるなら代打でも良いから巨人にいたい、くすぶって終わりたくもなかったが巨人と関わりたかった。

≫続きを読む

 

大企業でチャンスを待つという選択肢と新しい世界への挑戦と


チャンスを待つという選択肢と挑戦

大企業に勤める人が全員仕事に満足しているわけでもない。目の前の仕事をこなし、捲土重来と来るべきチャンスを待つというのも、生きていく手段ではないだろうか。1つの会社にずっといるよりは、転職で色々な世界が見えることはある。

≫続きを読む

 

「元・巨人軍」に仕事・会社・転職の意義・目標・生きざまを学ぶ


仕事・会社・転職の意義・目標・生きざま

「元巨人」に出てくる選手達の野球観、引退後の生活は一般的ビジネスマンが生きるヒントが隠されている。自分の仕事、会社環境、将来の人生設計、転職検討で、自分自身に問いかけ、自分の意思を再確認するためにもお勧めしたい本である。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead