転職・再就職支援のヘッドハンター2名からコンタクト

転職・再就職支援サービスの求人に応募するが書類審査に通らず

インドは遠い… でもモノは試しとビズリーチの求人に応募してみた。

 

 

インド赴任に応募するが…

50代 外資系ブラック企業へ転職

50代
外資系ブラック企業へ転職

すぐに返事が来た。「残念ながら求人の条件に合いません。」

 

予想はしていたがダメと言われると、ほんの少しだが気持ちが沈む。

 

何がダメだったのだろう… 経歴か、年齢か、転職回数か…

 

それを知る事は出来ないが、しかし、やはりそう簡単に、しかも条件の良い案件に50代で既に何度も転職をしている私が書類審査で通ることは無いという事だけは分った。

 

数回、私の条件にマッチングするという転職先案件が転職・再就職支援サービスから紹介され、詳細なレジュメを提出して下さいと要求され提出したが、いずれも最終的に条件がマッチしない、との事であった。

 

ビズリーチは無料の試用期間が過ぎて有料への切り替えとなったが、もう1か月、有料会員となり利用を継続する事とした。

 

理由は毎日、私の経歴書を閲覧するヘッドハンターが居たからだ。

 

これだけチェックされているなら、いずれコンタクトがある、求人オファーがあるのでは… そう考えたのだ。

 

ヘッドハンターからのコンタクト

私の予想は的中した。 ヘッドハンター2名からコンタクトがあった。

 

1名は外国人ヘッドハンターで、もう1名は日本人だった。

 

外国人ヘッドハンターからの求人案件は、確かに私の得意とする分野ではあったが、取り扱う商品が特定されており、そういう営業には興味が持てず辞退をした。

 

日本人ヘッドハンターからは具体的な転職先のオファーは無かったが、しかし私が作成した職務経歴書、英文レジュメに対して具体的に修正と改善すべき箇所を指摘してくれた。

 

その修正をした書類の、添削も行ってくれた。更に、希望を失いかけている私に懇意に励ましてもくれた。

 

何より、このメッセージが嬉しかった。

 

全力で転職マッチング案件を探しますので、しばらくお待ち下さい。」

 

この一文、非常に嬉しく感じ、心強い味方が出来た感じがした。

 

そして50代での更なる転職に関して絶望に近い気持ちを持っていた私に、言葉には出来ないが、何か「転機」が訪れる予感がした。

 

それは的中した。

 

急成長する企業が業界経験者の人材を求めているという情報

私の転職活動とは全くの別件で、私は旧知の中国人にメールをした。

 

互いの近況を確認する中、彼より互いの知人であるブラジル人が転職をした事、さらにその転職先の会社では私の慣れ親しんだ業界のベテランを求人しているという情報がもたらされた。

 

その中国人は、現在も私が最も長く活動をした業界で個人で営業を続けており、いつも私に、その業界に戻るべきだ、とアドバイスをしてくれていた。

 

余談として書かれたいた求人情報

旧知の中国人にメールを

旧知の中国人にメールを

メールでの私からの問い合わせに対して、その中国人から期待した回答は無かったが、しかし余談として、彼と私の共通のブラジル人に最近上海で会って話をしたと書かれてあった。

 

その話で、ブラジル人が最近転職し、とある会社の役員となっている事が知らされた。

 

その会社は、私も名前だけは知っている会社で、私がかつて活動していた業界で最近急成長している話題の会社だ。

 

旧知の中国人からのメールは、そのブラジル人は急成長の会社にヘッドハンティングされた、またその会社は貴方のような日本人の経験者を積極的に採用している、この件に興味は無いですか?という内容であった。

 

そのブラジル人は、かつて私の顧客であったマネージャーで、エンジニアとして優秀な人間でありブラジルから上海に移住している。

 

久し振りにコンタクトでもしてみるか、メールを送ってみるか…

 

そう考え、その中国人にブラジル人のメールアドレスを教えて貰った。

 

この1通のメールが、私の10社目への転職のスタートとなった。

 

ブラジル人からのメール

何年ぶりかにブラジル人にメールした。ものの数分後に返事が来た。

 

「私が再就職した会社は各部門でエキスパートな人材を欲している。 貴殿のセールスエンジニアとしての経験とセンスは実際に私が顧客という立場で良く知っている、理解している。

 

可能ならば貴殿の力が欲しい、是非ともこの会社に入り私と共に会社を発展させて欲しい。 良い返事を待っている。」

 

結果的に、その会社は私の10社目の転職先、そして最後の勤務先となるのだが、その会社の噂は色々と聞いていたが詳しいことは何も知らなかったので、先ずネットで調べてみた。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク