中高年求職者としての基本的な事項を再度チェックし反省

転職・再就職活動で最も重要で貴重な体験が面接での不採用経験

書類審査を通り、最後の関門である面接に臨み、そこで不採用となった場合、誰もが非常に大きな精神的ダメージを受けるものです。

 

 

誰もが同じである期待感と比例する落ち込み感

誰もが大きなショックを受けます

誰もが大きな
ショックを受けます

これで転職が出来るかも知れない、再就職が出来る、そう期待して臨んだ面接…

 

面接まで進み、そして不採用という結果には、誰もが大きなショックを受けます

 

そのショックも大きいでしょうが、次回の為に、新しい転職先を探す、求人応募に挑戦し最終的に成功を勝ち取るためには、最も大切で貴重な体験です。

 

面接まで行きながら不採用となってしまった、その要因・原因を次回からの転職・再就職活動の「糧」に出来るか否かで、その後の成功を勝ち取る事が出来るか否かが決まると言っても過言では無いでしょう。

 

それを糧として反省する事は無論、次の活動の進路を決める、方向修正をする事も可能です。

 

基本的な事項の再チェック

求人案件に自ら応募した場合と、転職支援サイト、エージェント会社からオファーを受けて応募した場合では、それぞれケースが違いますが、不採用となった場合、先ず基本的な事項を再チェックしてみましょう。

 

  • 応募した会社の事を詳細に調査していたか
  • 会社の社風などを承知していたか
  • 会社代表のポリシーなどを理解していたか
  • 自分に求められる役割や内容を熟知していたか
  • 質問には明確に回答が出来たか
  • 常識をわきまえた対応をしたか
  • 自分自身を細大漏らさずアピールできたか
  • 熱意や決心が正確に相手に伝わったか
  • 応募書類の内容と自分の発言内容とに祖語はなかったか

 

非常に基本的な事柄ですが、上記の事に対して反省すべき事は無いか、それを先ずチェックしてみましょう。

 

もし該当するような事があれば、次回からの反省点として、同じ過ちを繰り返さない心掛けが必要です。

 

もしもエージェントやヘッドハンターが面接に同席していたならば、プロの意見なども詳細に聞いてみましょう。

 

以下の、転職のプロによる面接アドバイス記事も参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク