転職支援サービスのオファーで応募した求人では情報を全て収集

転職支援サイト担当者も貴方自身も不採用情報を今後の糧として活用

転職支援サイト、エージェント会社から受けたオファー、つまり「この求人は貴方のキャリアにマッチします」という提案を受け、その勧めされた求人に応募し、しかし結果不採用と成った場合、面接に挑む前に転職支援・人材会社のキャリアコンサルタントやヘッドハンターから受けていたアドバイスを、面接で反映出来たかどうか、それを先ずチェックしましょう。

 

それは当サイトの「中高年求職者としての基本的な事項を再度チェックし反省」で書いた項目と同じで、これら事前に入手出来たヒント・アドバイスを活かす事が出来たか否か、チェックするべきです。

 

もし出来ていなかった場合、やはり反省材料とし今後の「糧」としましょう。

 

 

転職支援サイトの担当者とは運命共同体

転職支援サイトは運命共同体

転職支援サイトは
運命共同体

転職支援サイト、エージェント会社から受けた求人オファーに対して応募し、結果不採用と成った場合は、貴方にオファーした担当者であるキャリアコンサルタントやヘッドハンターから、不採用となった経緯、要因、背景など、聞く事が出来る全ての事を聞きましょう

 

訊ねなくとも通常は、貴方に付いた担当者から情報はもたらされるものです。

 

得られる情報は、どんな些細な事でも入手し、「糧」とするべきです。

 

転職支援サイトの貴方に付いた担当者は、貴方に採用を勝ち取って欲しいのです。

 

担当のキャリアコンサルタント・ヘッドハンターと貴方は、仲間です、共同して応募しているのです、運命共同体なのです。

 

彼等も、貴方自身に失敗の原因を「糧」にして欲しいと考えていますし、担当者自身も失敗を反省したいと考えています、貴方と同じように次回への「糧」にしたいと考えています。

 

何故なら、彼等は転職・再就職支援のプロですから、次回も同じ失敗を繰り返さないように努力しているからです。

 

転職支援サイト、エージェント会社の担当者と共に「正式採用」を勝ち取る為にも、入手出来る情報を全て収集し「糧」にしましょう。

 

また、こちらの「中高年が組むべき求人企業に信頼される優秀な転職支援のプロ」でもお伝えしていますが、優秀な転職のプロは、オファーした求人の背景なども把握しています。

 

次回からは、求人の背景の情報もエージェントから入手し、面接対策を共に講じるようにしましょう。

 

有能な転職支援担当者か否かを知る手掛かりにも

率直に申し上げて、転職・再就職を支援するエージェント、キャリアコンサルタント、ヘッドハンターにも優秀な担当者と、そうではない人もいます。

 

彼等も就職を成功させる事で収益を得る会社に勤務する会社員ですので、採用される可能性が低くともダメもとで求人をオファーするような担当者もいます。

 

オファーされる求人の内容を精査する事でも、その担当者のレベルは判断できますが、面接で不採用となった場合に、いかに正確で多くの情報を入手し提供できるかが、転職支援担当者の優劣の決め手となります。

 

ダメもとに近い感覚で求人オファーをしたり、面接で不合格となった際のアフターフォローが満足に出来ないような担当者は、その後の転職・再就職活動ではメインの支援者としない事をお勧めします。

 

最悪の場合、同じ求人でも優秀な担当者では採用されるものが、優秀ではない担当者のために不採用となる事態も大いに考えられます。

 

共に活動をするパートナーは厳選するようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク