面接での不採用の要因を応募した会社に訊ね有益な情報を得る

企業の求人担当者も就職のプロでその情報やアドバイスは非常に重要

自分で見つけた求人で転職支援の担当者を介さずに応募した求人案件で、面接で不採用となった場合で、その不採用となった原因を応募した会社の総務などの採用担当者に問い合わせをする際、最終面接をした担当者が不採用と判断した本当の理由を、教えてくれる場合もあれば、また教えて貰えない場合もあります。

 

しかし不採用の要因は何だったのかを調べない、応募した会社に聞かない、今後の糧にすべき何のアクションを起こさないよりは遥かにマシです。

 

 

もう1つの大きなメリット

ライバルが採用された理由を糧に

ライバルが採用された
理由を糧に

面接で不採用となった何らかのヒントを得ることが出来るかも知れませんし、出来ないかも知れません。

 

しかし、その会社の求人担当の人が貴方に対して持った印象を聞く事が出来れば、それはそれで1つの収穫です。

 

また、この面接で不採用となった要因の問い合わせには、もう1つの大きなメリットがあります。

 

それは貴方自身の不採用の原因が分らなくても、採用されたライバルの求人応募者についての情報が入手できる可能性があるという事です。

  • どうしてライバルは採用となったのか
  • 人材としての貴方との違いは何であったのか

を聞き出す事が出来る可能性があるからです。

 

例えば求人の人事担当者が、以下のような情報をもたらしてくれる事があります。

 

「貴方が不採用となった要因は会社代表から聞いていませんが、採用となった方の、こういうトコロを高く評価した、と聞いています。」

 

「詳しい事は分りませんが、採用された方の、こういう経験・キャリア・スキルがプラス評価されたようです。」

 

これは、こちらの「面接した社長に再度会いたいと言われ転職成功と思い込んだ案件」でご紹介している、私が2回の面接後、不採用となった求人の人事担当者から聞いた情報です。

 

貴方自身の事は分らなくとも、こういう求人には、こういう人材的な価値が評価されるのだ、という貴重な情報を手にする事が出来るのです。

 

人材募集・求人のプロ

企業の求人担当の方は、その人の多くの時間と労力を人材募集に費やしており、求人、そして採用に関するベテランの方が多くなっています。

 

規模の大きい会社で、ほぼ毎日、人材採用の業務に追われている人、1年を通して週に何人も面接をしている人事担当者も少なくありません。

 

そういう求人側のベテランの人からもたらされる情報は、転職支援サイトの転職のプロと同様に、非常に貴重な情報です。

 

不採用となった会社に連絡をするのは、誰でもバツの悪さを感じます。しかし、それも数分間の事です。今後の人生で接点は無いでしょう。

 

少しだけ勇気を出して図々しくなって、不採用となった原因を直接問い合わせるようにしましょう。

 

電話を掛けるには、どうしても抵抗のある方は、せめてメールで問い合わせをすると良いでしょう。

 

もしも転職エージェントやヘッドハンター紹介の求人であった場合は、必ず彼等プロに、「採用された人」について調査をする、情報を仕入れてもらうように依頼し、今後の糧にしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク