面接で不採用となった場合

出来る限り多くの情報を収集し原因を特定し次回の糧に

面接で不採用となった場合

書類審査に合格し面接に挑んだが不採用とされた… 慎重に事前対策をし万全の体制とした筈なのに不合格… 書類審査の不合格と違い、面接まで進んで不採用となるショックを受けるのはやむを得ないでしょう。悔しさを乗り越えて、次の求人に挑みましょう。

 

不採用となった結果には必ず原因があります。転職エージェントやヘッドハンターからの紹介と支援を受けた限定求人であっても、自身で見つけ応募した求人であっても、出来る限り多くの情報を収集して原因を特定し、次回の糧にしましょう。

 

有意義な糧が多ければ多いほど、苦い経験が多ければ多いほど、PDCA活動において有益な情報として蓄積をすることとなり、最終的に成功する可能性を高くすることが出来ます。

面接で不採用となった場合 記事一覧

facebook はてなブックマーク