中高年の転職・再就職 - 面接で不採用の場合

面接で不採用となった場合

Check評価・Act改善活動で、面接で不採用となった場合の経験をどのように次の活動の糧にするかをお伝えします。中高年の転職・再就職活動の中でも最も貴重で重要な面接での情報を、どのように入手するかのノウハウをお伝えします。

面接で不採用となった場合 記事一覧

中高年求職者としての基本的な事項を再度チェックし反省


基本的事項を再度チェック

書類審査を通り面接まで進み、そして不採用という結果には誰もがショックを受けるものです。中高年の場合、そのショックもの大きさは私も経験上よく分かりますが、新しい転職先を探す、求人に挑戦するためには最も大切で貴重な体験です。

≫続きを読む

 

求人に直接応募した場合の不採用は企業求人担当に理由を確認


求人に直接応募した場合

転職サイトや求人サイトで見つけた求人に自分自ら応募する場合、つまり転職支援担当者などを経由せずに応募した場合で面接で不採用となった際は、面接をした会社の求人担当者にコンタクトし、不採用の理由を問い合わせしましょう。

≫続きを読む

 

面接での不採用の要因を応募した会社に訊ね有益な情報を得る


大きなメリットとなる情報

企業の求人担当は多くの時間と労力を人材募集に費やし、求人に関するベテランが多くなっています。不採用となった会社にコンタクトするには勇気も必要ですが、今後の転職活動の大きなメリットとなる不採用要因を聞くようにしましょう。

≫続きを読む

 

求人不採用経験1 企業の求人担当者から応募状況情報を入手


私の経験談1

私が経験した、不採用となった会社の人事担当者から受けた不採用の理由説明、求人の応募状況を知ることが出来た実例をお伝えします。例にもあるように、求人業務をしている人からは非常に貴重な情報がもたらされる場合があります。

≫続きを読む

 

求人不採用経験2 求人担当者からのライバル情報と私のプラス点


私の経験談2

私が2回面接に臨み、その後不採用とされた会社の求人案件で、やはり人事担当者に不採用理由などを問い合わせた実例をご紹介します。不採用理由は不明でしたが、ライバルの採用理由を教えて貰え、有益な情報が入手出来た実例です。

≫続きを読む

 

転職支援サービスのオファーで応募した求人では情報を全て収集


情報を全て収集

中高年求職者は転職サイト担当者を仲間と考えるべきです。彼等も転職・再就職失敗の原因を糧にして欲しいと考えていますし担当者も失敗を反省し糧にしたいと考えています。不採用となった経緯、要因など出来る限りの情報収集をしましょう。

≫続きを読む

 

不採用理由が納得が出来ない場合は担当者に追加情報の入手を依頼


担当者に追加情報入手を依頼

面接をし不採用となった原因が、求人する会社が求めるモノが違っていた場合と求職者自身が会社の求めるモノに届かなかった場合の、その両方に関して反省し、次回の糧に擦る事が中高年の転職・再就職活動では最も重要な事です。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead