面接で不採用となった場合

出来る限り多くの情報を収集し原因を特定し次回の糧に

面接で不採用となった場合

書類審査に合格し面接に挑んだが不採用とされた… 慎重に事前対策をし万全の体制とした筈なのに不合格… 書類審査の不合格と違い、面接まで進んで不採用となるショックを受けるのはやむを得ないでしょう。悔しさを乗り越えて、次の求人に挑みましょう。

 

不採用となった結果には必ず原因があります。転職エージェントやヘッドハンターからの紹介と支援を受けた限定求人であっても、自身で見つけ応募した求人であっても、出来る限り多くの情報を収集して原因を特定し、次回の糧にしましょう。

 

有意義な糧が多ければ多いほど、苦い経験が多ければ多いほど、PDCA活動において有益な情報として蓄積をすることとなり、最終的に成功する可能性を高くすることが出来ます。

面接で不採用となった場合 記事一覧

基本的事項を再度チェック
中高年求職者としての基本的な事項を再度チェックし反省

書類審査を通り、最後の関門である面接に臨み、そこで不採用となった場合、誰もが非常に大きな精神的ダメージを受けるものです。誰もが同じである期待感と比例する落ち込み感誰もが大きなショックを受けますこれで転職が出来るかも知れない、再就職が出来る、そう期待して臨んだ面接…面接まで進み、そして不採用という結果には、誰もが大きなショックを受けます。そのショックも大きいでしょうが、次回の為に、新しい転職先を探す...

続きを読む
求人に直接応募した場合
求人に直接応募した場合の不採用は企業求人担当に理由を確認

転職支援サイトのWEBサイトで自分の条件に合った求人を検索し、自分で見つけた求人案件に直接に応募した場合ですと、転職サービスの担当者などの支援が付かず、自分一人での転職・再就職活動となります。この場合、書類審査の合格通知は企業から直接受ける事となり、面接の場が設けられ呼び出しを受ける事になりますが、その面接で不採用となった時に、その要因・原因などを、求人を掲載していた転職支援サイトに問い合わせる事...

続きを読む
大きなメリットとなる情報
面接での不採用の要因を応募した会社に訊ね有益な情報を得る

自分で見つけた求人で転職支援の担当者を介さずに応募した求人案件で、面接で不採用となった場合で、その不採用となった原因を応募した会社の総務などの採用担当者に問い合わせをする際、最終面接をした担当者が不採用と判断した本当の理由を、教えてくれる場合もあれば、また教えて貰えない場合もあります。しかし不採用の要因は何だったのかを調べない、応募した会社に聞かない、今後の糧にすべき何のアクションを起こさないより...

続きを読む
私の経験談1
求人不採用経験1 企業の求人担当者から応募状況情報を入手

私自身が求人に応募し最終的に不採用となった際に、実際に不採用後に行った情報収集の経験を2つお伝えします。1件目は50代での転職活動で、書類審査に合格、その後は面接をすると連絡を受けたものの実際には面接は行われず、問い合わせをした相手の人事担当者から色々と有益な情報を得たケースです。応募状況の詳細を教えて貰ったケース応募状況の情報を入手「私の50代までの転職履歴紹介」のカテゴリー「契約社員 50代 ...

続きを読む
私の経験談2
求人不採用経験2 求人担当者からのライバル情報と私のプラス点

もう1つの私が面接で不採用となったケースも、私が50代の時の経験となります。こちらの「面接した社長に再度会いたいと言われ転職が成功したと思い込んだ案件」でご紹介しているように2回面接を行い、2回目の会社代表との面接で非常に良い感触を得たにも関わらず、最終的に不採用となったケースです。その求人は、私のキャリアに対してのマッチング度は高くなかったのですが、個人的に事業内容が面白い、また将来性も安定性も...

続きを読む
情報を全て収集
転職支援サービスのオファーで応募した求人では情報を全て収集

転職支援サイト、エージェント会社から受けたオファー、つまり「この求人は貴方のキャリアにマッチします」という提案を受け、その勧めされた求人に応募し、しかし結果不採用と成った場合、面接に挑む前に転職支援・人材会社のキャリアコンサルタントやヘッドハンターから受けていたアドバイスを、面接で反映出来たかどうか、それを先ずチェックしましょう。それは当サイトの「中高年求職者としての基本的な事項を再度チェックし反...

続きを読む
担当者に追加情報入手を依頼
不採用理由が納得が出来ない場合は担当者に追加情報の入手を依頼

面接で不合格となった際、同じ目標に向かい努力する運命共同体の転職支援サイト、エージェント会社の担当者であるキャリアコンサルタントやヘッドハンターから全ての情報を入手しても、それでも納得が出来ない場合、担当者に依頼して、更に追加の情報を入手するように依頼してみましょう。ある程度は図々しく多少の図々しさは認められるべき本サイトの、「求人に直接応募した場合の不採用は企業求人担当に理由を確認」でも書きまし...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク