不採用となった要因・原因を転職サイト担当者に問い合わせる

企業側は不採用の要因を教えないので転職支援サイト担当者から情報収集する

面接にたどり着く前に不採用となるケースは、求人募集をする企業の採用担当者が応募者の提出書類を見て、採用する、面接するに値しないと判断し、いわゆる書類審査で不合格、不採用となるケースです。

 

この段階での不採用に関しては、不採用となった原因・要因の解析が必要となります。

 

 

企業側にとって既に処理済みの案件

転職支援サイトから情報収集

転職支援サービスから
情報収集

こちらの私の転職体験記「選考結果を求人に応募した会社に督促し採用検討されるが不採用」でお伝えしているよう、私は転職支援サイトで見つけた求人に自分で応募した求人に対して、その合否の状況を、求人をした会社に直接確認した経験があります。

 

応募した会社の人事担当は、丁寧な対応をしてくれましたが、しかし、これは稀なケースであると考えます。

 

応募した相手の会社の規模に関わらず、書類審査で不採用となった場合、その理由を応募した者が問い合わせる事は現実的に不可能に近いものがあります。

 

その理由の1つとして、企業の採用担当者に、

  • 一々不採用の理由を応募者全員に通知し連絡している時間的な余裕が無い事
  • それらの通知など企業側にとって何の価値も生まない事

が挙げられます。

 

採用担当者にしてみれば書類審査で合格となった人材だけを対象に、それ以降の時間と労力と注ぎ込みたいと考えるのは当然の事です。

 

不採用とした求人応募者の事など、既に終わった事であり、企業側には何の意味も関心も無い事なのです。

 

しかし応募した者にしてみれば、何処が良く無かったのか、何故不採用となったのか、出来る限り詳細を具体的に知りたいものですし、今後の反省材料としたいものです。

 

仲介の転職支援サイト、エージェント会社から情報収集する

この場合も、やはり転職支援サイトやエージェント会社の担当者を活用しましょう。

 

仲介をした転職支援サービスは、求人に応募する事を良しとし、彼らの判断で企業に貴方という人材をオファーしたのです。

 

その判断理由も含めて、どうして不採用となったのか問いただす、質問をするようにしましょう。

 

優秀なキャリアコンサルタント、エージェント、ヘッドハンターであれば、問い合わせなどしなくとも、彼自身の反省も含めて、細かく情報を提供してくれます。

 

何故ならば、彼等自身も今後の活動の「糧」とするからです。

 

そもそも中高年の転職・再就職では、求職者の貴方とプロとの二人三脚体制での活動が重要ですが、面接まで辿り着けなかった理由、要因、背景などの正確な情報を解析し共有する作業が、イコール「糧」とする事となります。

 

この時に得られる情報は非常に重要で貴重なもので、その後の転職・再就職活動を左右するものとなります。

 

その情報は必ずチェックをし、真摯に向き合うようにするべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク