中高年の転職・再就職 - 書類審査で不採用の場合

書類審査で不採用となった場合

PDCAの「Check評価・Act改善」です。中高年の求人応募では書類審査や面接で不採用となる事は多々あります。嘆く方の多くは「改善」を疎かにしているようです。書類審査不採用となった場合、どのように糧にするかをお伝えします。

書類審査で不採用となった場合 記事一覧

最初の書類審査は下手な鉄砲数撃つ手法で不採用でも気にしない


下手な鉄砲数撃つ手法

求人に応募しなければ転職も再就職も成功しません。応募しなければチャンスを手にする事は出来ません。しかし中高年の場合、不採用の通知を受け取ると気分が落ち込むものです。ですが、それが転職活度そのものであるという事です。

≫続きを読む

 

不採用通知を今後の転職・再就職活動の糧とできるのが中高年


不採用通知を活動の糧に

中高年で転職・再就職に成功した人で、応募した求人で不採用という経験を持たない人など殆ど居ないでしょう。中高年の求職者であれば誰しも経験する事なのです。決してマイナスの受け止め方をせず、精神面で強くなれる糧としましょう。

≫続きを読む

 

面接前の不採用通知で自分の価値を再認識し糧にする


不採用通知で自分の価値を再認識

同じ求人案件でも、それを取り扱う転職サイトの転職のプロの判断と経験に依って、求職者にマッチングする、しないの判断が分かれる場合があります。私が転職活動で経験した、全く真逆の転職のプロの判断をご紹介します。

≫続きを読む

 

不採用となった要因・原因を転職サイト担当者に問い合わせる


要因を担当者に問い合わせ

書類審査で不採用となった場合、求人を出す企業は不採用の要因をいちいち個人に教えてはくれません。ですが今後の糧、反省材料とするために不採用となった要因、原因を転職サイト担当者から情報収集するようにしましょう。

≫続きを読む

 

提出書類の自己PRに不備不足が無かったか調べブラッシュアップ


自己PRのブラッシュアップ

提出した書類が書類審査の不採用要因である場合は、転職サイト担当者のアドバイスも求め内容を見直しましょう。特に中高年では、自分のマネージメント実績を強調し過ぎると採用者に避けられる場合がありますので注意しましょう。

≫続きを読む

 

不可抗力での不採用は反省は不要で落ち込まない事が大切


不可抗力での不採用

書類審査で不採用となった場合でも、提出書類に書かれている数字だけで不採用となった場合は特に反省や書類の見直しをする必要はないと考えます。例えばライバルの求職者が1歳若かった、それで不採用となった場合などがあてはまります。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead