書類審査で不採用となった場合

書類審査不合格は中高年の転職・再就職活動のスタートライン

書類審査で不採用となった場合

転職エージェントやヘッドハンターなどのプロからオファーされた、マッチング度が高いと判断された特定の求人であっても、100%書類審査が合格となり面接に進めるとは限りません。ましてや、自分自身で探して見つけ応募した求人で、書類審査が通らず不採用となるのは中高年であれば何度でも経験する日常茶飯事の出来事です。

 

リストラなどで解雇され再就職を切望する場合は除きますが、極論すれば、書類審査の不合格にショックを受けて落ち込んでしまい転職活動に意欲を失くすようであれば、最初から転職を考えるべきではありません。

 

書類審査不合格は、中高年の場合では当然のことで、そこからが本当の転職・再就職活動のスタートであると考えておいて下さい。

書類審査で不採用となった場合 記事一覧

facebook はてなブックマーク