転職・再就職後に活用出来る人脈は具体的に自己PRで活用する

人間関係と人脈は中高年ならではの社会人としての強力な武器

中高年の社会人として、転職後も引き続き良好な人間関係を維持出来る貴方の個人的な人脈は、転職、再就職活動の大きなPRともなります。

 

 

自己PRに活用出来る顧客ルートを記載する

顧客ルートを自己PRに活用

顧客ルートを自己
PRに活用

転職先、再就職先にとってメリットとなる、貴方が有する顧客コンタクトルート、取引先ルートは、求人応募の際に自己PR書類に記載するべきです。

 

それが採用の可能性を引き上げる事は十分に有り得ます。

 

それは駆け出しの若年層の社会人には持ち得ない、中高年ならではの武器と言えるでしょう。

 

特に、会社規模が大きい会社から小さい会社へ転職する場合、そのアドバンテージは大きくなります。

 

こちらの「旧知で信頼出来る知人への協力依頼と全面的な協力を確保」は私の具体的な経験の一例ですが、私も40代、50代の転職活動で実際に行いました。

 

転職エージェントにアドバイスを求める

もし貴方が転職先、再就職先候補の会社内容を良く知っているならば、自身の判断で個人的な人脈PRを、適切な形で提示する事も可能でしょう。

 

しかし、もし熟知していない会社であれば、自分がPR出来る、入社後に活用出来ると思われる人脈のPRに関しては、転職エージェントに相談する方が無難です。

 

特に取引関係、会社関係に関して、記載すべきでは無い事があるケースも有り得ます。

 

その会社を取り巻く関係を熟知する転職エージェントであれば、より適切な提示方法の指導が可能です。

 

人間関係と人脈は生涯の財産に

またこの個人的な人脈は異業種への転職でも有効であると考えます。

 

私の場合、異業種への転職も経験していますが異業種であっても、以前の顧客との人間関係が非常に役に立ちました。

 

直接な取引は無くなったものの、あくまでも個人的な友人、先輩として公私に渡り私をサポートし続けてくれています。

 

中高年の転職・再就職活動は、時に孤独な闘いとなります。

 

顧客、取引先から、思わぬ有益な情報がもたらされる場合もあります。

 

貴方一人の交友関係で個人的に得られる求人情報に、知人からの情報がプラスされるのですから、2人分であれば2倍、4人であれば4倍の情報が得られる可能性があるのです。

 

やはり、こういった人脈は若い人では社会人の経験年数から、中高年には太刀打ち出来ないものです。

 

中高年ならではの有効な武器として、今持っている個人的な人脈の維持、発展、活用を強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク