まず中高年の人材を求人する企業の目的・理由・背景を理解・把握する

企業が中高年の人材に求めるものを詳しくチェックし理解する

何故中高年の人材が欲しいのか

何故中高年の
人材が欲しいのか

中高年の各年代で、それぞれ企業側が求める要素を理解する前に、そもそもどういう目的で企業側が中高年の人材を欲するのか、必要とするのか、それらを良く考えてみましょう。

 

以下のコメントは私が実際に転職活動でお世話になった、非常に有能な転職支援エージェント会社のキャリアコンサルタントの方のアドバイスです。

 

 

何故ベテラン中高年の人材が欲しいのか

中高年の求人はまず緊急、かつ特定の専門分野で、その企業の業務に穴の空いた部分を埋める求人が中心になります。

 

また今後の企業の成長を考え、やはり特定のコアスキルを持つ人材を募集し、即戦力として活躍してもらう、また経験や知識が不足している人材の教育を任せる求人となります。

 

その穴を埋めること、またコアなスキルに焦点を当て、採用の条件を細かく設定するため、その条件に合う人材が少なく、幸運にも求人を出す企業の要求が合致した場合、他に競争相手が居ないくらい、その応募者限定のような求人条件になっていることが多いようです。

 

「やる気さえあれば多くの人材でも成功する仕事」とは全く逆の、「この人にしか出来ない仕事」という傾向の求人である特徴があります。

 

企業が求めるものを詳しくチェックし理解する

つまり

  • 特定の分野で企業内で欠けている穴を埋めるコアスキルを持ち
  • 同時に即戦力であり
  • また在籍の社員の教育・指導を行い
  • 会社の成長に貢献する

ことが中高年に求められるものです。

 

求人に応募する我々の立場としては、雇用条件や環境など企業に求めるものを詳しくチェックしますが、逆の求められる内容の詳しいチェックも必ず必要です。

 

つまり、募集する側が我々中高年に何を求めているのか、それを詳しくチェックし、理解・把握することは非常に重要です。

 

オファーを転職支援サイト、エージェント会社から受けたら、条件の合う求人を見つけたら、「求められるもの」を詳しくチェックしましょう。

 

人材が限定されるからこそエージェントも限定される

また、私の転職を支援して頂いたキャリアコンサルタントの方に依れば、限定されるコアスキルを持つ人材を企業が募集する際、広く一般に求人をせず、特定分野に強い転職支援のプロに人材紹介を依頼するケースが大多数とのことです。

 

その理由は、求人をする企業に「この人なら求められる条件にピッタリです」と適切な人材を紹介する事が出来る転職支援のプロにも、業界に対する知識と企業が求めるコアスキルに対する理解度が必要だからです。

 

つまり、中高年向きの求人、特定の能力やキャリアが求められる求人は、それを専門に扱う転職支援サービスに登録していないと、待っているだけではオファーは来ない、スカウトされないという事です。

 

中高年向きの求人オファーを受けるために、1社でも多くの転職支援サービスに登録をしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク