転職支援サービスで優秀なコンサルタントを見つけるためには

一社でも多くの転職支援に登録し一人でも多くの担当者と話をする事

転職支援サービスで優秀なコンサルタント、担当者を見つけるためには、どうすれば良いでしょうか?

 

また我々中高年にとって、どういうキャリアコンサルタントをベストとするべきでしょうか?

 

 

全ては人間同士のコミュニケーション

全ては人のコミュニケーション

全ては人の
コミュニケーション

それには自分から多く・広く・数多く働きかける、つまり具体的には多くの転職支援サービスサイトに登録し、コンタクトのあったプロのキャリアコンサルタント、ヘッドハンターとコミュニケーションをなるべく多く図ることです。

 

マッチングする求人案件がある場合、転職支援サイトの担当者より電話が入り、直接に話をする事となります。

 

メールでは無く電話で直に話しをする目的の1つは、担当者が貴方という人間を、より理解、把握するためです。

 

実際私も、メールだけでは互いの意思、正確な情報が伝わりきらない、そう感じるケースが多々ありました。

 

やはり電話などで詳細な打ち合わせ、確認を行うと、こちらの真意、詳細な希望、現状を伝えることも出来ますし、相手からも詳細な情報、状況が聞きだすことが出来ます。

 

様々な場面で様々なサポートが

実際に話すことは非常に大切で、時には転職に対する不安、再就職が出来るだろうかという心配などを払拭してくれる、勇気付けをされることもあります。

 

転職・再就職を成功させるために、個人の状況に合わせた、次に打つべき一手、取るべき行動などのアドバイスを受ける事もあります。

 

このキャリアコンサルタント、ヘッドハンターとのコミュニケーションを通じて、その担当者が優秀かどうか、自分にマッチしているかどうか、中高年ならではの人間を見る目で判断するようにしましょう。

 

但し、ここで注意して頂きたいのは、有能ではない凡庸な担当者であると判断したコンサルタントであっても、その人の能力とは関係なく、良い求人を紹介してくれる、その担当者のサポートとは関係なく採用が決まるという事もありまs。

 

それ故、たとえ無能なキャリアコンサルタント、担当者であると判断しても貴方の方から関係を断つ、支援を断るという事はしないでおきましょう。

 

「枯れ木も山の賑わい」ではありませんが、いつ、どういう形で役に立ってくれるとも限りません。

 

会って話しをしてより深い人間関係をつくる

また可能であれば、転職・再就職を支援してくれる担当者には、面談という場を設ける、直接に会って話をするようにしましょう。

 

そのためには、多くのキャリアコンサルタントとメールや電話で接触し、いわゆる「人を見る目」、キャリアコンサルタントを見る目を養うことも必要です。

 

転職と再就職成功の重要なポイントは人間関係、なかでも転職を支援するサービスサイトの担当者との人間関係、そう言い切れるかも知れません。

 

先ずこちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」からの登録が、中高年が転職・再就職を決める最初の一歩です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク