転職支援サービスのランキングリストを作成し有利な活動を

ランキング上位の転職支援サイトを優先して可能性を高くする

なるべく多くの転職支援サービスサイトに登録することが最も大切な転職・再就職活動の基本ですが、求人に応募した際、その返信で以下のような定型文のメッセージを送る支援サービスも決して少なくありません。

 

「ご応募いただいた案件は、残念ながら先方の求人要項にマッチしませんでした。また今後、貴殿のキャリア・希望等が活かせる別案件が見つかりましたら、こちらよりご連絡致しますので何卒ご容赦ください。」

 

 

親身になってくれる転職支援サイト・キャリアコンサルタント

親身な転職支援サイト

親身な転職支援サービス

条件が厳しいほど、出来れば特にハンディーキャップのある中高年には親身になって欲しいと思うのですが、こういうありきたりの返事をしてくる転職支援サービスで、それで終わり、メール送信以降は何の連絡も無し、という担当者もいます。

 

逆に、特に中小の転職支援サービスサイト会社に多いのですが、こういうお決まりの返事だけに留まらず、色々と適切なアドバイスや情報をもたらしてくれる優秀で頼りになる転職・再就職支援のキャリアコンサルタントもいます。

 

如何に転職・再就職のチャンスをより多く手にするか、成功させるか、それは優秀なコンサルタントや担当者と共に活動をするかにかかっています。

 

そこでお勧めなのは、自分で転職支援サービスのランキングリストを作成する事です。

 

紹介をしないでくれと連絡をしてくる転職サイト

私のこのサイトに、「我社を紹介しないでくれ」と連絡をしくる転職サイトが幾つかあります。

 

「当社では中高年の方にオファーできる求人がありません。」と、メールをしてくる転職サイト、エージェント会社が数社あるのが現実なのです。

 

それらの支援サービスのWebサイトには、「中高年はお断り」とは一切表記されていませんが、しかし現実には中高年の転職や再就職は支援しないサービス会社も存在しているのです。

 

そのような方針をとっている会社経由で中高年が求人に応募しても、成功するのは殆ど不可能でしょう。

 

年齢に関係なく親身になって支援をする会社を上位にランキングするべきです。

 

ランキング上位の転職支援サイトを優先して選ぶ

こちらの「同一の求人案件を複数の違う転職支援サービスが取り扱う」で後述していますが、ご紹介しています私の実例のように、同じ案件を複数の転職支援サイトから受けた場合、自分で作成したランキングリストで評価の高い会社を選べば有利な展開となる可能性が高くなります。

 

また、もし無職の立場であれば、アルバイトの仕事などをしてみえる中高年の方もみえるでしょう。

 

そんな方には、転職支援サービスだけではなく、ハローワークの求人案件もチェックしたりなど、時間が非常に大切となります。

 

そんな時間が惜しい場合でも、レスポンスが良く親身になってくれる、ランキング上位の転職支援サービスの求人情報を優先的に調べる事をお勧めします。

 

幾つか登録した転職支援サイトをリストにして、自分なりのランキングリストにするわけです。

 

どこの転職支援サービスの、誰が優秀なキャリアコンサルタント、担当者、ヘッドハンターか、それは実際に案件を担当してからでないと分かりません。

 

ある人には優秀な担当者でも、違う人には、そうでない場合もあります。

 

組織の中には常に優秀な人材と、そうでない人材が居る、自身の成績を優先する人もいれば、相手のメリットを優先する人もいますが、それは転職支援会社でも全く同じです。

 

リスク回避の為にも、機会損失を防ぐ為にも、やはり1社でも多くの転職支援サービスに登録すべきです。こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」から、どうぞ。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク