転職支援サービスが重要視する求人側と応募側のマッチング

求人件数で不利な中高年は機会損失を防ぐために事前チェックを

求人と一言で言っても、色々なケースがあります。

 

大手の企業が、とにかく営業マンが欲しい、一般常識さえ持っている人ならば、その他の細かい条件は問わないという間口の広い求人もあれば、詳細な条件がきめ細かく設定され、どれか1つでも条件に合わないと応募が出来ないという求人もあります。

 

 

求人する側と応募する側の両方に重要なマッチング

求人・応募の両方に重要なマッチング

求人・応募の両方に
重要なマッチング

求人する側の求める条件と、応募する側との条件の相性を、「マッチング」と言いますが、どんな転職・再就職でも、このマッチングが出来るだけ完全に合致することが望ましいでしょう。

 

それは求人に対する応募段階でも大切なことですが、実際に転職した人、そして採用をした企業の両者、それぞれにマッチングは重要な事であり、入社してから、

  • こんな会社とは思わなかった…
  • こんな人材とは思わなかった…

と、両者が後悔する事態となっては、大問題です。

 

決して、そういう互いの齟齬が無いよう転職支援サービスは、何よりもこのマッチングを重要視し、そのお陰で安全で安心な転職や再就職が出来るものとなっています。

 

書類審査で応募が出来ないと連絡を受ける

求人案件に拠りけりですが、転職支援サービスではマッチングを最も重要視しており、求める側と応募する側のマッチングが低い場合、応募に対して転職支援サービスより、すぐに

 

「マッチングが低いため、残念ですがこの求人には応募が出来ません」、と連絡が来ます。主にメールでの連絡ですが、電話連絡の場合もあります。

 

このマッチング判定は、早い場合、応募して数時間でもたらされる場合もあり、それを受け取ると、やはり落胆して気落ちがしてネガティブな思考になりがちですが実は、この時点での判断が応募する側でも、とても大切な判断と言えるのです。

 

中高年にとって重要な早期の段階でのマッチング判断

もしも、マッチングが低いにも関わらず、そのままその求人での採用を心待ちにし、結果として最終的にマッチングの問題でダメであった場合ですと、その求人の採用のみに期待するあまり、その他の案件の検索やチェックを怠り機会損失ともなりかねません。

 

それでなくとも、求人件数が多くはない中高年の場合、この機会損失を防ぐことは大切です。もちろん初期段階で、「応募できない」と伝えれらるのは、決して気持ちの良いものではありません。

 

しかしモノは考えようで、早い段階で結果が分かれば、次の手段が講じられます。気持ちを切り替えて、次の案件に早々にチャレンジしましょう。

 

但し特に転職初心者が注意すべき事は、自分だけの判断でマッチングする、しないを決めない、という事です。

 

マッチングに関しても転職支援のプロからの意見を確認すべき事については、「求人と応募のマッチングは自分で勝手に判断せず転職のプロに任せる」を参考にして下さい。

 

いずれの場合も、転職のプロのサポートを受けて最終的なマッチングを検討することが重要な事となります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク