どんな場合でも情報をより多く持つ者が有利な展開が可能となる

人脈を作り情報入手ルートを確保し多くの情報を得て選択肢を増やす

どんな情報でも、正確で多いに越したことは有りません。

 

またどんな場合でも、正確で多角的な方面からもたらされた情報を多く持つ方が、何事に於いても有利な展開が出来るものです。

 

それは転職でも再就職でも、また会社選びでも同じ事です。

 

 

求人情報の「質」と「量」の両方を求める

転職活動に情報収集は不可欠

転職活動に
情報収集は不可欠

1つの求人情報に頼むより、すがるよりも、多くの選択肢から、自分の条件や希望により高くマッチした求人、より条件の良い求人案件を選ぶ方が有利なことは当たり前です。

 

また選択肢が多いという状況は、精神的にも余裕を与えてくれます

 

たった1つの選択肢では、いつまでもそれにしがみついていなければ成らなくなり、リスクも大きくなります。

 

ましてや中高年の場合、求人そのものの絶対数が若年層よりも少ないのが現実です。

 

転職支援サイトのキャリアコンサルタント、ヘッドハンターの人達との新しい人間関係も立派な人脈です。

 

現に私は、数人のヘッドハンターの方達と今もプライベートなお付き合いを継続しています。

 

情報を自分のところにもたらしてくれる複数の転職・再就職支援のプロの方々、ルート、人脈の確保、開発は中高年の転職・再就職活動では必須です。求人情報の「質」と「量」の両方を求めるべきです。

 

貴方がしなくてもライバルは登録しています

転職支援サイトでも大手のように、どんな業界や職種にも精通する支援サービス会社もあれば、ニッチな分野で専門的な人材募集を扱う支援会社、また地域密着型の転職エージェント会社、外資系を専門に扱うサービス会社もあり、千差万別といえます。

 

ただ、いずれの会社も全てのサービスを無料で行っています。

 

新しい人脈を作り、多岐の情報入手ルートを確保し、より多くの情報を得て、より選択肢を増やし、そして出来れば、「求人を選ぶ立場」に成るためにも、より多くの転職支援サービスサイトに登録する事は、特に中高年の場合は、絶対に取るべき行動と考えましょう。

 

手間を疎むようでは、この時点で転職・再就職を諦めて下さい。貴方が面倒だからと登録しなくても、間違いなく転職¥再就職を望むライバルの中高年の方は登録をしています。

 

そして転職・再就職に成功しています。

 

孤立無援な中高年でいる事は、絶対に避けるべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク