外国人マネージャーとの第2回目の面接と3度目の面接依頼

神経を集注しYes・Noを明確に答えたインド人マネージャーとの面接

この営業戦略レポートの内容で不採用ならば、再就職が出来ないなら、縁が無かったと諦めることも出来る、自分は最後まで頑張った

 

2ヶ月以上待たされて、首がもうこれ以上は伸びないほどまでに長く伸び、諦めた気分に何度もなり、しかし棄て切れなかった求人案件…

 

自分の人生を賭けることの出来るフィールド…

 

やるしかない、自分のために、家族のために、応援してくれる人のために…

 

 

インド人マネージャーとの面接

外資系企業のインド人マネージャーとの面接

外資系企業のインド人
マネージャーとの面接

2回目の面接も前回と同様、事前に外資系転職エージェントのKさんと近くの喫茶店で事前打ち合わせをした。

 

Kさんとは既に電話で、またメールで数え切れないほどに密にコミュニケーションをしているので、まるで以前からの友人のように話が出来る。

 

面接に際して今回は特に重要なアドバイスなどという堅苦しい話は無く、いわば雑談に近かったが、それもそれで無いよりはマシだろう。

 

但し隠し事は嫌なので、他の転職・再就職支援サービス会社よりオファーされた名古屋営業所の所長候補案件について、Kさんに伝えた。

 

Kさんと別れ、会社に入り社長室に案内される。

 

「お久しぶりです。」

 

今回は、いたって普通の挨拶で会話がスタートしたが、会社代表のHNさんより昨年11月から現在に至るまでの経緯、そして会社方針の変更の説明を受けた。

 

確かに、「方向転換」が成されていた。

 

方針の修正でより高くなったマッチング

以前の私のキャリアとのマッチングが95%とするならば、変更後のそれは、ほぼ100%に近かった

 

私にとって、その変更は喜ばしいことで、その変更内容や経緯を確認しようと思った時、社長室にインド人マネージャーが入室して来た。

 

私にはインド人とのビジネス経験がありインドにも5回行っているが、押しなべてインド人の英語が、若干苦手で、どうも聞き取りにくいのだ。

 

そのインド人の発音も、やはり危惧したように、少し聞き取りにくい点があった、しかし泣き言など言ってられない、神経を集注し、なおかつ聞かれた事には、「Yes、No」を明確に答えた。

 

さまざまな事に関する話合いをした。

 

私からもインド人と同じ数ほどの質問をした。

 

アッという間に時間が過ぎたが最後にインド人が、「最後にもう1つ確認したい、あなたは、これらが実行できるのか?」と質問をした。

 

私は一呼吸置いて、そして、インド人を真正面から見据えて、こう答えた。

 

Yes, I can.

 

更にもう一度3度目の面接の依頼を受ける

インド人マネージャーは、「解った。 もう1つ、最後にリクエストが有る。 貴方のアイデアを、来週もう一度ここに来て、他の部署の責任者であるフランス人にTV会議システムを使いプレゼンテーションして欲しい。 今日は長い時間、どうもありがとう。」

 

何? もう一度来週に来いと?

 

転職応募した外資系企業のインド人マネージャーとの面接は滞り無く終了したが、最後に3度目となる面接の依頼を受けた。

 

3回目は本社のフランス人マネージャーとTV海外システムを使っての面接に対応して欲しいとのリクエストであった。

 

3回目の面接依頼を受ける

外資系会社代表から3度目の面接依頼

外資系会社代表から
3度目の面接依頼

そう言い残し、彼は社長室から退出した。

 

会社代表のHNさんが、補足説明をしてくれた。

 

「彼がフランス人と話をしてくれと言ったのは、イコール、合格で採用、そう受け止めて下さい。

 

当グループの中でも主要メンバーの彼は、貴方を合格として判定しました。 良かったです本当に良かった、今日、来てもらった価値がありました。」

 

会社代表のHNさんは、続けて、こう述べてくれた。

 

会社代表は合格を決めていた

「私も個人的には11月の時点で、既にあなたの採用は決めています。

 

ただ、あなたのポジションは我グループでも、それなりのポジションで、そこに就いて頂くには、なるべく多くの当グループのボードメンバーの了解が有った方が当社にも、また貴方自身にもプラスです。

 

何度も申し訳ありません、彼がお願いしたように来週、もう一度ここに来て、フランス人マネージャーとTV面接をして下さい。」

 

インド人マネージャーの合格判定、また会社代表の言葉、それは実に素直に嬉しかった。

 

しかし… 

 

また、この外資系企業に面接に来なくてはいけないのか… いつまで正式採用に時間が掛かるんだ…

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク