中高年の転職・再就職 - 40代 - 同僚と社長に関する余談ととカナダと日本とのメール

同僚の私と社長に関する余談とカナダと日本本社とのメール

私よりも一足早く会社を辞めて転職した元同僚より、私の会社内での評価を再確認した。また当時のカナダでの直属の上司であったプロジェクトマネージャーに対する人間性の評価も、信用するに足りないという点で私と同様であった。

社長には受け入れられなかった私のもう1つのレポート

この昔の同僚Yさんとは今でも個人的に交流があるがYさんが、私の同僚であった時期、Yさんも幹部会議にも出席し、私がアメリカ進出に反対した件も含めて、私と社長の一連の「やりとり」もハッキリと覚えていると言っていた。

 

Yさんの私への評価

 

昔の同僚との社長に関する余談

昔の同僚との
社長に関する余談

Yさんは私にこう言った。

 

「貴方は白黒ハッキリさせるタイプで、うやむやに出来ない性格ですよね。 幹部会議では他の皆の意見を代表して言ってくれた、そう感じましたよ」

 

「プロジェクトで赤字を出し、スキーで骨折し、アメリカ進出を反対し、社長秘書に成る事を断った… まあ、これだけ社長に気に入らないことを続ければねぇ…」

 

Yさんの私に対する思い出

 

かつての同僚Yさんは私に、こう続けた。

 

「もう1つあるじゃないですか。社長から、契約社員Kさんについて意見を求められて、貴方がデトロイトで見たKさんの実態を社長に報告したじゃないですか。」

 

「ああそう言えば、そういう事もあったね!」

 

詳細は知らないが、当時契約社員のような形で報酬を払っていたKさん、彼は複数の会社と契約し、それぞれの会社の「営業」をしており、我々の会社もその中の1つであったのだが、私は社長より、普段のKさんの行い、態度などを詳しく教えてくれと頼まれたのだ。

 

私の報告は、Kさんの営業活動は「今ひとつ、信用するに足りない行動、言動がある、なので会社の機密事項などに注意し、警戒して付き合うべき」というもので、昨日面談した、かつての同僚Yさんも当時、完全に同じ思いであったと言う。

 

私のボスは、「やはり、そうか。」と言ってくれたが、しかし、この私の率直なレポートと意見も、社長には受け入れられなかった。

 

昔の同僚Yさん、「社長にしてみればKさんを信用したい、そういう希望が最初からある、しかし貴方は見事に社長の望みとは逆のことをハッキリと言った。

 

あの時、ちょっとだけ本音が言えない自分が情けない、そう感じたものです。」

 

信用できる人とのビジネス

 

日本本社とのメールの遣り取り

日本本社との
メールの遣り取り

どういう経緯が、その後あったのか、我々は知らないが結果としてKさんは社長のお気に入りとなり、契約社員として長く会社の営業に関わったが、そうか、もう1つ、そういう事があったのだと思い出した。

 

Yさんとは今でも、「信用出来る人と一緒にビジネスをする、これが喜びですよね。 互いに、これからも情報交換して、協力し合って頑張りましょう!」と意気投合している仲である。

 

私の帰国タイミングに関しての社長ジュニアとプロマネのメール交信

 

 

カナダプロジェクトで私の直属の上司であったマネージャーと本社の社長ジュニアとの間で、私の早期帰国に関して何度も遣り取りが成された。

 

結局、本社の言い分をカナダ側が受け入れ、私の予定よりも早期の帰国が決定した。

 

ジュニアとプロマネのメール交信内容

 

さてカナダでの話しに戻るが、カナダ・プロジェクトマネージャーと、社長ジュニアのメール交信、その遣り取りは、

 

当サイト管理人の私を、「予定より早く帰国させて欲しい。」

 

「いや今彼が抜けると、顧客とのコミュニケーションに支障を来たす」

 

「もともとの予定でも残りの滞在は、あと1週間。 たった1週間くらい他のメンバーでカバー出来ないのか? そんなに貴方達のキャパシティは低いのか?」

 

「一杯一杯のマンパワーで対応している、一人抜けても困る

 

概ねそういう遣り取りであったが、最終的にやはり私は帰国することとなった。

 

そして最後のプロジェクトマネジャーが社長ジュニアに送信したメール、今でも、その一文をハッキリと覚えている。

 

前のページ 次のページ

同僚の私と社長に関する余談とカナダと日本本社とのメール 関連ページ

ヘッドハンティングでライバル会社に請われての転職
ライバル会社に請われてのヘッドハンティングでの転職先となった4社目であるが、この会社勤務が私の職歴では最も長い勤務となった。4社目の社長は私の1社目の先輩にあたる人物で、転職した当初、私は社長に非常に可愛がられた。
中国上海プロジェクトのマネージメントが転職の契機に
私が責任者として2000年からスタートした上海プロジェクトは、収支ギリギリで受注した。但し、リピート性が高い物件で2回目のコピー製作、納入でコストが削減出来る期待もあった。しかしこれが最初の躓き、転職の契機となった。
為替変動の追い討ちで更に採算・収益が悪化
私が責任者であったプロジェクトは、設計ミスと設計構想不足で現場修復費用が収益を圧迫する中、為替の変動という更なる追い打ちに会い、赤字で終わった。またタイミングの悪い事に私はスキーで鎖骨を骨折し会社を1週間休んでしまった。
アメリカ進出を幹部会議で単身反対し社長から恫喝を受ける
プロジェクトの赤字、骨折での休暇で社長の激怒をかった私は、更に社長の逆鱗に触れる事をした。当時会社ではアメリカ進出を検討、計画していたが、幹部会議で私だけが反対意見を社長に直訴した。それが社長の怒りをかい恫喝を受けた。
社長秘書への人事異動命令を受けて苦悩する
立て続けに社長の逆鱗に触れた私に社長秘書への人事異動が下った。当時、社長の甥っ子が秘書であったが、秘書業務にマンパワーが足りず、社長に増員を泣き付き、社長が好きな人間を選べと命じ、甥っ子が私に要らぬ白羽の矢を当てたのだ。
意味不明な社長命令とアメリカ進出失敗の理不尽な社長の怒り
クビ覚悟で秘書業務が出来ない事を告げた私に社長は、復職を告げ秀吉の弟の秀長に成れと命じた。その主旨の本当の意味は不明であるが、その後私はプロジェクトのサポートマネージャー業務に就く事と成り、第一線に返り咲くことは無かった。
社会人の誇りとカナダから日本に帰国を依頼するメール
アメリカに派遣された責任者はアメリカ進出失敗の責任を取らさせる形で会社を辞めた。私は、会議でアメリカ進出に関して社長から意見を求められ迎合することなく自分の考えをそのまま発言した事について、一度たりとも後悔はしていない。
会社から心が離れ転職支援サービスを利用した初めての転職活動
カナダプロジェクマネージャーと社長ジュニアとの間のメールをCCで受信していた私は、最終的に私を早期帰国させる事を受け入れたカナダ側のメールに、私の名前が呼び捨てにされているのを見た。かつての部下に呼び捨てにされたのだ。
海外ビジネスのどんなトラブルにも対処出来る自信が身に付く
転職先3社目、4社目で連続して10年以上、海外ビジネスに携わった私は、英語、英会話だけではなく、やはりその後の転職、再就職で大いに役立った、どんなトラブルにも自信をもって適切に対処が出来るスキルを身に付ける事が出来た。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead