冷遇されても中高年のプライドを持ち常に全力投球で仕事に臨む

待遇に関係なく全力投球で期待以上の成果を目指す中高年に

個人の業績アピールに始終し広いマクロな視野がない中高年」でお伝えしているように、求人市場では「35歳転職限界説」という言葉があります。

 

35歳を過ぎると求人数が減り転職が困難になるという昔からの説で、それゆえに転職するなら35歳までに、40代、ましてや50代の転職は難しい、リスクが大きいとするモノです。

 

 

駕籠にぶら下る人は誰からも尊敬されない

仕事に対するスタンスの違いが雲泥の差に

仕事に対するスタンスの
違いが雲泥の差に

それ故に、40代、50代の中高年は、少しくらいイヤな事があっても、左遷され冷遇されても会社を辞めてはいけない、会社からクビになるまでしがみついてでも勤務し給料をもらうべきとアドバイスする人も少なくありません。

 

私個人は、その考えやスタンスを決して否定はしません。

 

生活の糧を確保する事は大切な事で優先すべき事です。

 

但し、「解雇されるまでは会社にしがみついている」という考えが、

  • 「給料分だけ働きクビにならなければ良い」とか
  • 「駕籠を担ぐフリをして会社にぶら下っていれば良い」

という仕事への取り組み方となってしまう事は、自分の50代以降の転職や再就職の可能性を著しく低下させている事に気が付いて頂きたいのです。

 

前ページで「人脈と人間関係の重要性」に関してお伝えしましたが、人は見ていないようで貴方をシッカリと見ています。

 

また貴方の発する言葉の端端に、仕事に対する貴方のスタンスが、取り組み方、考え方が出るものです。

 

所謂悪い意味でもサラリーマン根性丸出しの会社員は、誰からも尊敬の念を持たれません。

 

「給料分だけ働く」という姿勢で、最も損をしているのは本人である事に気が付いて欲しいのです。

 

左遷後の仕事に対する取り組み方の違いが雲泥の差に

会社の人事で閑職に移動となった、左遷された、肩書が剥奪されたなど、企業から冷遇される中高年の方は少なくありません。

 

左遷や冷遇には、人事の評価や人件費の問題など、それぞれのケースでそれぞれの背景があるでしょうが、そこで腐ってしまう人、駕籠にぶら下る従業員と、逆に今までと同じスタンスで仕事に取り組む人、むしろ一念発起しそれまで以上に真剣に熱意を持って仕事に打ち込む人とでは、その後の人材価値に雲泥の差が開くと私は考えています。

 

左遷で労働意欲を失ったが、しかし既に40代、50代で転職もままならない、だからこのまま会社にしがみついていよう…

 

そのスタンスと考え方を否定はしません、しかし、もしその後、リストラなどで解雇された場合、希望に叶う再就職が出来るでしょうか?

 

実際、転職エージェントの方から聞いた話では、左遷後も労働意欲を失なわず常に最前線で会社に貢献した中高年の方が、50代以降でもいち早く好待遇の転職や再就職に成功している、との事でした。

 

中高年のプライドを持ち常に全力投球で

会社に対する考え方、仕事についての取り組み方は、個人個人それぞれで構わないと私は考えています。

 

給料分だけ働く、いや給料以上の貢献を目指す、どちらが正解でどちらが間違いという事は無いと思います。

 

しかし中高年として長く社会人経験を積んでいるプライドを持ち、その時その時自分で出来る事を全力投球で取り組む事は、必ずや数年後に違った結果を招くとも考えています。

 

昨日と今日と同じ姿勢で生きていれば、きっと明日も同じでしょう。

 

しかし昨日より今日、今日よりも明日、いつも逃げず避けず全力で事にあたれば、いつか違った果実を手に入れる事が出来ると私は信じています。

 

また常に全力投球をする尊敬すべき中高年の方を、幾人か知人として交流させて頂いています。

 

どなたも50代以降、最前線で生き甲斐を持って仕事に取り組んでみえます。

 

たとえ50代以降に転職も再就職もしない方であっても、誰もが認める有終の美を飾れる事でしょう。

 

常に全力投球し期待される結果以上の成果を目指すスタンスは、間違いなく50代以降の転職力も再就職力もアップさせます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク