プロの診断で50代以降でも転職・再就職に困らない中高年に

プロに人材価値を診断してもらい50代以降の転職・再就職に備える

率直に申し上げて転職エージェントやヘッドハンターは、採用される見込みが無い人材をスカウトはしません。決して求人のオファーをしません。

 

求職者には無料のサービスを行う彼等プロは、求める人材を企業に紹介し採用されなければ収益はゼロですから、最初からムダと分かっている事に労力を注ぎ込む事はしません。

 

逆に言えば、スカウトされた、求人オファーを受けたならば、何がしかの転職・再就職に成功する可能性があると言えます。

 

 

転職・再就職能力のプロの診断を受ける

転職・再就職能力をプロに診断してもらう

転職・再就職能力を
プロに診断してもらう

現在既に50代である中高年の方も、50代未満の方も、そして転職を検討する方もしない方も、一度、転職エージェントに登録される事をお勧めします。

 

現時点での人材ポテンシャル診断として、プロから客観的な評価をして貰うことは決して無駄とはなりません。

 

スカウトや求人オファーが来たならば、自分のどういった点が評価されたのかを知る事が出来て、自身の人材市場での客観的な価値が分かります。

 

高く評価された点に関して、今後もますます経験を積みスキルを磨いておけば、50代以降の転職、さらには定年退職後の再就職で有利になります。

 

逆に、もしも何のスカウトも求人オファーも受けられないならば、もしかしたら貴方の現在の人材価値は転職も再就職も叶わないレベルであるかも知れません。

 

年齢に対して何が人材価値として欠けているのかを知る事が出来ますし、その時点で転職を考える必要がないのであれば、今後に備えてスペシャリストとしての価値を上げる努力をするという判断材料となります。

 

50代であっても50代未満であっても、よりハイクラスの転職が可能となる自己研鑽が出来る、または欠けている要素を身に付け今後に備えての対策を講じる事が出来るのです。

 

プロと面談の機会を持ちプラス・マイナスの情報を得る

スカウトや求人オファーを受けた方でも、更に人材としてレベルアップするための具体的なアドバイスが受けられる可能性があります。

 

オファーを受けられなかった方は、中高年の人材市場動向に詳しいプロから、やはり今後の具体的な対策、キャッチアップ内容に関してアドバイスを受ける事が出来るでしょう。

 

またスカウトを受けた人も全ての要素がプラス評価となっているという事はなく、数点マイナス評価となっている要素があるかも知れません。

 

その逆で、求人オファーが来なかった中高年の方でも、プラス評価となっているポイントもあるでしょう。

 

いずれの場合でも、プラスを伸ばしマイナスを減らす努力をすれば人材価値は上がります。

 

今すぐに転職を考えていない中高年でも、このようにプロからアドバイスを受けておくことは非常に大きな意義と価値があります。

 

出来ればセカンド・サードオピニオンとして違った立場から多角的にアドバイスを受ける、つまり複数のプロと面談して助言を貰う事をお勧めします。

 

50代以降もすぐ転職出来るか否かの分かれ目

50代以降の中高年の方で、すぐに転職が出来る人と、数か月、長い人では1年以上も失業状態が続き再就職出来ない人との違いは、まさにこの自分の人材として優っている点と劣っている点を正確に理解し把握しているかどうかの違いであるとプロは指摘します。

 

もちろん、その時の人材市場にの動向やトレンドも正確に把握出来て、自分自身を客観的に診断出来る方であれば、自身の判断で良いいかも知れませんが、それでもプロのチェックは良い参考になる筈です。

 

まさに「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。

 

50歳を過ぎて慌てる事がないよう、対策が後手にまわる事が無いよう、事前にプロから診断とアドバイスを受けて転職力・再就職力を付けておくべきと私は考えます。

 

以下のページでご紹介している転職エージェントを積極的に活用しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク