50代以降の中高年の転職・再就職に求められる正確な自己PR

中高年に必要な求人にマッチしたPRと採用メリットのアピール能力

中高年の社会人として課長や部長というポジションに就いている、管理職であるという方も多い年齢層、マネージャーとして会社から求められているいる人材要素の大多数はスペシャリストとゼネラリストです。

 

共に会社で仕事をする際に評価対象となりますが、しかし50代以降での転職や再就職で優先して求められるのはスペシャリストとしての要素です。

 

転職や再就職経験の無い中高年の方で、逆のゼネラリストとしての実績やスキルを自己の人材評価としてアピールする方がいますが、それは大きな間違いであり、尚且つ危険な考え方です。

 

 

50代以降に求められるスペシャリスト要素

求人にマッチしたPRと採用メリットのアピール

求人にマッチしたPRと
採用メリットのアピール

念の為に、スペシャリストとゼネラリストの定義を記しておきます。

  • スペシャリスト:特定分野の専門家でエンジニア・デザイナー・マーケッター・営業・経理・法務業務などが含まれる
  •  

  • ゼネラリスト:分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ人で役員・マネジャー・管理職などが含まれる

日本に限らず人は社会に出て企業に勤務する際、会社から評価される人材となり出世をし、マネージャーとなり管理職に就き、部下に命令をする立場となり、給料をアップさせて生活を向上したいと考えます。

 

雇う企業側も、そのような成長を期待し、社員同士を競わせて会社により貢献する人材を確保しようと教育します。

 

こうして育つゼネラリストに比べ、スペシャリストは人が持つ知識欲に基づき、毎日の業務の中の自己研鑽で知識やスキルを自主的に身に付け、会社内の部署という枠を超えた人間関係の中で生まれ成長する人材です。

 

当サイトで繰り返しお伝えしているように、50代以降の転職や再就職では、このスペシャリスト要素が求められるのです。

 

かつて部長というポジションで何十人、何百人の部下を統率したというキャリアは、もちろんマイナス評価とはなりませんが、同時に大きなプラス評価にもなりません。

 

マネージメント経験をアピールしても無駄と言っているのではありませんが、アドバンテージにならないという事を自覚しておくべきです。

 

転職や再就職をした会社で、スペシャリストとしてどれほど企業に貢献出来るか、で採用、不採用が決まると言っても過言ではありません。

 

スペシャリスト要素のマッチング度とアピール対応が最も大切

重ねてお伝えしますが、ゼネラリストとしての実績も自己PRするべきで、身に付けたポータブルスキルのアピールになります。

 

しかし最も重要なのは、ピンポイントでスペシャリストとしての能力と貢献度を正しくアピールできるかどうかなのです。

 

50代の転職 #1 完成された社会人と徹底したプロフェショナルさ」でもお伝えしていますが、50代以降の中高年を採用する企業は、その人材のゼネラリストとしての成長は全く考えていません、スペシャリストとしての即戦力のみを期待して採用をします。

 

50代以降の中高年人材を求める企業が、ピンポイントで何を求めているのか、その求められる要素に自分のスペシャリスト要素が、

  • どれほどマッチングしているのか
  • 期待に対し自己アピール対応が出来ているか

を判断する能力を持つ必要があり、逆に言えば、その判断力こそが転職と再就職の成功に繋がると考えます。

 

ニーズへのマッチとメリットを適切にアピールする能力

人材も1つの商材です。

 

50代以降の人材を1つの商材として考えるならば、如何に欲っしている人に適切に売るか、買う側も売る側も両者が納得の商談とするか…

 

その為には、買いたいという側にのニーズを正確に把握し、商材を購入する事で得られるメリットを確実に伝え納得をして貰い購入して頂くことが重要なプロセスとなります。

 

例えて言うならば、「燃費の良いクルマが欲しい」という人に、に「このクルマは売上1位です」とアピールをしても、お客のニーズに100%マッチしていないPRをしている事となります。

 

もし、「売り上げなど最下位でも構わないが、とにかく燃費が良いクルマが欲しい」と考えているならば、全くお門違いのアピールをするセールスと言えるでしょう。

 

私の知り合いでも、50代以降に転職に成功している人は、全てこのニーズにマッチした自己PRと採用後のメリットを適切にアピールする能力を身に付けていました。

 

求められる要素に対し100%正確なピンポイント対応が出来る能力を身に付け、50代以降でも転職や再就職に困らない人材となっておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク