50代以降も転職・再就職出来る人材となるには

50代以降の中高年は思考の硬直化に注意をし柔軟なスタンスで対応を

50代でも転職・再就職が出来る人材となるには

転職・再就職活動に限らず50代以降の中高年に方に注意をして頂きたいのは、思考の硬直化です。その硬直化はベテランであればあるほど気を付けたい現象です。ベテランの職人技など特化した技術やスキルは日本では高く評価されますが、思考は別で柔軟性を持つべきです。

 

ベテランの域ではない若年層は付加価値の高いスキルが身についていないため行動力などで対応するケースでも、中高年はベテランと自他ともに認めるゆえに、プライドが邪魔をして柔軟な対応が出来ない場合があります。

 

社会も組織も日々変化をしていますので、ベテランと呼ばれる領域に入っていても思考だけは硬直化させず柔軟に対応ができることが50代以降の年齢層に求められます。

50代以降も転職・再就職出来る人材となるには 記事一覧

悩む中高年男性
50代以降の人材価値を上げておく必要がある現代の人材市場

50代以降の年齢層の中高年となっても転職を考えておくべき社会情勢となっていると私は考えています。終身雇用や年功序列という日本独特の就業形態を多くの企業が事実上廃止をし、実力主義の雇用体系に変わった近年では、企業側が人材の入れ替えを検討している状況下で、働く側も人材の流動性を考えておく必要があると思います。企業側の人材に関するスタンス50代以降も就労を確保する準備を終身雇用や年功序列を保証しない、実...

続きを読む
自信満々の中高年男性
50代で転職と再就職に困らない自他ともに認めるベテラン人材

当サイト管理人の私は50代で3回の転職と2回の再就職を経験しています。転職と再就職を5回出来た最大の要因は、私が会社が求めていた経歴の持ち主であったからです。私の50代で転職・再就職出来た各要因スキルと知識を持つベテラン中高年となる私自身の要因は以下のように解釈をしています。6社目への転職同業界での実績と経営者との過去の協働実績による人脈を頼った転職7社目への転職同業界での実績と経験に基づく部下の...

続きを読む
自己プレゼンテーションをする中高年男性
50代以降の中高年の転職・再就職に求められる正確な自己PR

中高年の社会人として課長や部長というポジションに就いている、管理職であるという方も多い年齢層、マネージャーとして会社から求められているいる人材要素の大多数はスペシャリストとゼネラリストです。共に会社で仕事をする際に評価対象となりますが、しかし50代以降での転職や再就職で優先して求められるのはスペシャリストとしての要素です。転職や再就職経験の無い中高年の方で、逆のゼネラリストとしての実績やスキルを自...

続きを読む
握手
相互信頼の人脈と強固な人間関係を50代までに構築する中高年に

「50代で転職と再就職に困らない自他ともに認めるベテラン人材」でお伝えしてるように、当サイト管理人が50代以降に合計5回の転職と再就職をしていますが、5回のうち3回は人脈に依るものでした。それぞれかつて共に1つのプロジェクトで協働した会社経営者で大先輩にあたる方が経営する会社へ転職かつて勤務していた会社の協力企業の管理職の方の紹介で再就職海外プロジェクトで共に協働した大手総合商社の課長の斡旋で転職...

続きを読む
腐った態度の中高年男性
冷遇されても中高年のプライドを持ち常に全力投球で仕事に臨む

「個人の業績アピールに始終し広いマクロな視野がない中高年」でお伝えしているように、求人市場では「35歳転職限界説」という言葉があります。35歳を過ぎると求人数が減り転職が困難になるという昔からの説で、それゆえに転職するなら35歳までに、40代、ましてや50代の転職は難しい、リスクが大きいとするモノです。駕籠にぶら下る人は誰からも尊敬されない仕事に対するスタンスの違いが雲泥の差にそれ故に、40代、5...

続きを読む
評価表
プロの診断で50代以降でも転職・再就職に困らない中高年に

率直に申し上げて転職エージェントやヘッドハンターは、採用される見込みが無い人材をスカウトはしません。決して求人のオファーをしません。求職者には無料のサービスを行う彼等プロは、求める人材を企業に紹介し採用されなければ収益はゼロですから、最初からムダと分かっている事に労力を注ぎ込む事はしません。逆に言えば、スカウトされた、求人オファーを受けたならば、何がしかの転職・再就職に成功する可能性があると言えま...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク