中高年の転職・再就職 - 1社目20代 - 会社と仕事に失望

初めての転職 20-30代 会社に失望

当サイト管理人の転職履歴を紹介します。新卒で就職した1社目で感じた失望感が最初の転職の動機でした。営業の仕事に失望し製品開発エンジニアからのオファーを受け転職をしましたが、その社長への不信から3社目への転職となります。

初めての転職 20-30代 会社に失望 記事一覧

新卒で就職した生産設備製造会社の誇り無き営業の仕事に失望


地元の生産設備製造会社

私が大学卒業し入社した第1社目の会社は機械装置の設計製作の製造メーカーで、そこでのセールスエンジニアが業務であった。バブル景気の始まりの時期であり、常に生産能力の数倍の受注を続けており、私の仕事は顧客への謝罪に始終していた。

≫続きを読む

 

軽蔑した所長の人間性と開発エンジニアからの転職オファー


軽蔑した人間性と性格

顧客に謝罪するだけの自分の仕事、殿様商売の姿勢の会社に対する嫌悪に加え、営業所所長の交際費の不正使用、その不正を見ないふりをする上司達を見るにつけ、つくづく1社目の会社勤務を続けるのに嫌気を強く感じるようになった。

≫続きを読む

 

仲間で創立した小さなベンチャー企業へ転職し営業部長に


仲間で創立したベンチャー企業

1社目のエンジニアであった人が興したベンチャー企業へ転職をした私は、営業部長として8年間寝食を忘れて仕事に専念した。当時のバブル景気に乗り会社は成長し業績も伸び、従業員も増えた。しかし同時に社長の人間性にも変化が現れた。

≫続きを読む

 

会社創立時の初心を忘れた社長から心が離れ転職を検討


初心を忘れた社長

バブル景気で成功し、私からの苦言にも聞く耳を持たなくなった社長が、創立時の初心を失くしている事、私利私欲の塊に成っている事は誰も目から見ても明らかであった。そんな状況の中、有能なエンジニア2名が会社を辞めると言いだした。

≫続きを読む

 

沈みかけている船となった会社に見切りをつけて転職を決意


沈みかけている船となった会社

先輩エンジニアから転職オファーを受け、私は転職を数ヶ月迷うが、主要メンバーが続々と辞意を現し沈みかけている船のような会社と考え、30代で転職を決意する。有志で興したベンチャー企業はその後和議申請、社長は行方不明となった。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead