中高年が求人を選び応募する際に守るべき基本の自己ルール

経験を積んだ業種の求人に果敢に挑戦し希望条件は臨機応変に変更を

中高年が納得出来る転職や再就職に成功するための準備では、以下を基本的なルールとして求人に応募するべきです。

  • キャリアを積んだ業種・職種の求人を最優先する
  • 経験のある業種であれば年齢制限を無視して応募する
  • 希望する待遇や条件とそれらの許容範囲を決める

 

 

キャリアを積んだ業種・職種の求人を最優先する

経験業種求人で年齢が
条件から外される場合も

中高年を対象とした求人の大多数は、年齢を重ねて積み重ねたキャリアやスキルを持つ人材を求めますので、それらが活かせる経験ある業種と職種の中から選ぶべきです。

 

「年齢不問・未経験者歓迎」という求人も少なからずありますが、それらは広く間口を設けた求人であり、後回し扱いとして優先すべきではありません。

 

リストラなどで一日でも早く再就職を希望し、更にどんな業種でも、どんな仕事内容であっても勤続出来る自信のある中高年の方、もしくは30代などで若い世代の方で色々な仕事を経験したいという方であれば、様々な業種を対象としても良いでしょう。

 

しかし40代、50代の中高年で、自身が納得出来て、しかも決して後悔しない転職に成功するには、経験を持つ業種の求人を優先して応募をするべきです。

 

中高年の強みが活かせる、経験ある業種と職種の求人を優先するという方針を立てましょう。

 

経験のある業種であれば年齢制限を無視して応募する

自分が今までに経験を積んでいる業種や職種であれば、年齢制限は無視をして求人に応募すべきです。

 

求人不採用経験1 企業の求人担当者から応募状況情報を入手」でご紹介していますように、私自身、35歳前後を対象とした求人に50代で応募し、書類審査に合格し「面接の日程は後日連絡します」となった経験があります。

 

その私のケースでは約束されていた面接がキャンセルとなったため、その理由を人事担当者に電話で直接問い合わせをしたところ、「35歳前後を対象とした求人は営業マンの募集であったが、私の応募書類をチェックし、営業マン募集とは別枠で、中途採用する営業マンをマネージメントする管理職での採用を検討していた。」との回答でした。

 

残念ながら私のこのケースでは、私を管理職という別枠で採用するという提案が、その会社の役員会議で承認されず実現に至りませんでしたが、特定の分野でキャリアを持つ業種であれば、年齢制限など無視をしても活路が開ける可能性があるという事例です。

 

求人要綱には対象とする年齢を超える応募は禁止するとは決して書かれていません。応募するしないは自由です。

 

自身がキャリアを積んでいる業種の求人には果敢に挑戦するという姿勢を基本にしましょう。

 

希望する待遇や条件とそれらの許容範囲を決める

転職や再就職活動で、これだけは譲れないという条件をリストアップしておくべきです。

 

年収・勤務地・仕事の内容などの希望条件を設定しておくべきですが、社会の経済動向、また求人市場は常に変化をします。

 

状況に応じて臨機応変に希望する条件もフレキシブルにするべきです。

 

経済状況が右肩上がりの好景気で求人市場も活性化している際は、条件を引き上げても良いでしょう。

 

会社勤務をしながらの転職活動である場合は、より有利な転職に成功するために、条件をレベルアップさせるべきです。

 

逆に経済が悪化している際、また再就職活動で不採用が続く場合で出来るだけ早く再就職をしたい場合は、条件を緩める、希望する待遇のレベルを下げてみる事も必要です。

 

最初に設定した条件に固執してしまい、なかなかと採用通知が受け取れないという中高年も少なくありません。

 

年収年俸の金額を下限設定を下げる、転勤不可という条件を転勤も可にする、海外勤務も選択肢に入れるなど、最終的な成功の為に、自分が転職をしたいと考えた動機を基に許容範囲を設定しておく事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク