ライバルが多い中高年向き求人で抜き出るために必要な特記事項

希少で興味をひく特記事項でライバル中高年求職者から抜き出る

中高年の年齢層を対象とした求人は決して少なくはありませんが、しかし若い年齢層を対象にする求人と比較して少ない事は事実です。

 

対して、転職や再就職を考える中高年者の人数は、他の年齢層とさほど変わらない、むしろ日本社会の経済状況が悪化した際はリストラ、配置転換などで中高年者の転職希望者の方が多くなる場合も少なくありません。

 

いわゆる需要と供給のバランスに於いて、中高年者の転職や再就職に対応する求人は競争率が高くなるという現実を認識する事が大切です。

 

 

競争率が高い中高年向き求人で一歩抜き出る

ライバルから抜き出る特記事項を

ライバルから抜き
出る特記事項を

条件や待遇の良い求人には、多くの中高年が応募する、ライバルが多いという事実を認識するべきです。

 

中高年であれば社会人としてのマナーや仕事の進め方などの基本が身に付いているのは当然です。

 

また部下を持ちマネージメントをした経験を持っていても特筆すべき要素とはなりません。

 

リーダーシップ能力に自信を持ち実績もあるという中高年求職者も多くいます。

 

転職・再就職後、新しく入社した会社に貢献をするという意思表示も当然です。

 

それらの事は、他のライバル求職者も同じ内容を応募書類に記述しています。

 

中高年として当然の要素をアピールしても、ライバルより抜き出る事は出来ません。

 

もちろん書類選考で抜き出なくては面接に行けないという事はありませんが、しかし書類選考時点で一歩でも先に出られれば、その後の進展にもプラスになる事は間違いがありません。

 

特記すべきアピールポイントでPRする

上記にあげた内容は最低限でも求人応募書類に記述すべきですが、それにプラスアルファーとして、自分だけの特筆すべきアピールポイントを特記事項として記述するべきです。

 

特筆すべき特記事項のアピールポイントは、特殊な技能やスキルや資格、また大規模なプロジェクトた多額の金額や多くの実績数などがあれば是非ともアピールするべきで、記述では出来るだけ具体的に表現するべきです。

 

技能や業績で特筆すべきものが無いという場合でも、一般的に事例や経験者が少ないとされる事柄などがあれば記述するべきです。

 

要するに「希少」である事、読んだ人の「興味をひく」事がポイントとなります。

 

希少である事は価値の高さとなり、興味をひけば「面接で詳しく聞いてみよう」という動機につながります。

 

自分で求人を見つけ応募する際は求人の内容に沿う内容で特記事項として、プラスアルファーのアピールとして記述しましょう。

 

転職エージェントやヘッドハンター仲介の求人紹介の際は、彼らにその特記アピールポイントをチェックしてもらい、求人の人材要求内容に沿っているか、加筆修正の必要はないか確認し、その後提出してもらいましょう。

 

特に内容に依っては、具体的な会社名や商品サービス名を書かない方が良いと判断される場合もありますので、その求人を担当するプロのチェックをうけてから求人企業に提出する事をお勧めします。

 

当サイト管理人の経験談

当サイト管理人は独学で英語・英会話を30代で身に付けましたが、TOEICなどの公的で客観的な評価が出来る試験を受けた経験はありません。

 

求人要綱には、よく英語能力で「ビジネス英会話レベル優遇・日常会話レベルは必須」とありますが、英語能力が求められる求人に対して私は「社内で英会話教室を開講した経験があります」と特記事項として記述し自己PRをしました。

 

後日、その求人の面接で採用担当の会社代表から「英会話教室で教えた経験をお持ちですから相当のイングリッシュスピーカーとお見受けしました。」と言われた経験があります。

 

英語能力に関しての書類評価は他の求人応募者と同じだったでしょうが、「英会話教室で教えた」という経験の特記事項が面接を担当した会社代表の目をひき興味関心を持たせた事は間違いありません。

 

更には、英会話教室の生徒は同じ会社の従業員ですが、様々な部署から英会話教室に参加しており、違う部署の人間を取りまとめ指導したという経験も評価されたと私は受け取っています。

 

私の経験のように、「特筆すべき特記事柄」とは、もちろん客観的に高く評価される内容であれば越した事はありませんが、一風変わった経験や実績でも書類をチェックする人の目をひくのは事実です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク