中高年の単独での転職・再就職活動には大きなデメリットが伴う

中高年の納得出来る転職・再就職の成功には支援は不可欠

転職・再就職活動は、やろうと思えば一人でも出来ます。

 

自分の人脈を頼り人材を欲している会社を紹介してもらう、また一般に公開されている求人を転職サイトやハローワークで検索し、条件の合う求人に応募する…これらを一人で行う事は可能です。

 

 

一人で行う転職・再就職活動のデメリット

中高年の単独活動の様々なデメリット

中高年の単独活動の
様々なデメリット

非常に顔の広い人物と太い人脈がある、また自分の人材価値に絶対的な自信を持ち、尚且つその価値が客観的に高く評価される人であれば、一人で活動をしても成功するでしょう。

 

しかし年齢的ハンディーキャップを持つ一般的な中高年であれば、一人で転職・再就職活動を行うのは無謀であり、成功の確率は著しく下がると断言しても良いと私は考えます。

 

更に言えば、たとえ非常に高い付加価値を持つ優秀な中高年であっても、より待遇や条件の良い転職をするには、自分一人での活動は避けた方が賢明です。

 

プロの支援を受ける、より待遇の良い求人オファーを受けるべきです。

 

自分一人だけの転職・再就職活動では以下のデメリットがあります。

  • 自分の人材価値が客観的に評価出来ず機会損失となる
  • 入手出来る求人情報が限定されて機会損失となる
  • 人材募集の背景が把握出来ず採用される対策が立てられない

 

自分の人材価値が客観的に評価出来ず機会損失となる

人材価値の主観的な評価は無意味です。あくまでも客観的に評価されるべきです。

 

会社の中で経営者が客観的に人材評価を行い、年俸やボーナスの支給額を決めるように、いくら本人が能力を発揮しているつもりでも客観的に評価されなければ意味がありません。

 

転職や再就職に於いても、社会が下した客観的評価に基づいて対象と成り得る求人に応募し、そして採用されます。

 

いくら年俸1000万円を望んでも、企業が1000万円に見合う人材と判断しなければ、その求人に応募しても採用はされません。無駄で無意味な活動となってしまい、人材価値に見合った求人に応募する機会を損失するリスクがあります。

 

またその逆も然りで、本人は年俸800万円クラスと自己評価していても、客観的に1200万円の評価となる場合もあります。

 

自分一人での活動では、この客観的な人材価値評価が出来ず機会損失をするというデメリットがあります。

 

入手出来る求人情報が限定されて機会損失となる

かつては求人情報は職業安定所(ハローワーク)、新聞の求人欄、求人情報誌から入手するのが主流でしたが、近年は民間の転職支援サービスが主流です。

 

民間の支援サービスでも、誰もが検索できる求人と登録した会員のみが閲覧出来る非公開求人があり、更には転職エージェントが担当する企業から依頼を受けて人材に求める要素がマッチする求職者のみにオファーする特別扱いの求人もあります。

 

特に転職エージェントが個別に扱う特別求人で、中高年向きの求人が多くあります。

 

支援サービス各社で担当する企業、求人が違い、これら全ての求人情報を入手するためには、民間の転職支援サービスに登録するのは当然の事で、更に転職エージェントにも登録をし、支援のプロと協力をして活動を行う必要があります。

 

単独での転職・再就職活動では、これら全ての求人情報は入手出来ないばなりか、オファーもスカウトも受けられず、大きな機会損失となります。

 

人材募集の背景が把握出来ず採用される対策が立てられない

全ての求人には、その会社が人材を募集する背景があります。例えば若年層を対象とした「営業募集」であれば、その背景はマンパワーの補充であり人材の育成でしょう。

 

中高年を対象とした求人の場合、その多くは人材が持つ専門性が求められ、更には公開されない詳細な採用条件がある場合が大多数です。

 

自分一人で求人を見つけても、その会社が求めている要素の詳細な背景を全て把握するのは非常に困難です。

 

中高年の転職や再就職の場合、求められる要素に対するマッチング度が高くないと採用されません。

 

若年層であればマッチング度の低さも、「今後の成長」でカバーされる要素も、中高年ではカバーが出来ず、会社が求める要素と100%マッチする事を前提に活動をするべきです。

 

求人が求める要素の、その背景にある「何故この会社はこの求人を出したか?」を個人で把握するのは非常に困難であり、求人に求められる要素に100%マッチする対応が出来ないというデメリットとなります。

 

当サイト管理人の経験談

私が実際に経験した事例を例として挙げますと、「応募年齢50代まで・業界経験年数10年以上・管理職経験者優遇」という求人があったとします。

 

この求人要綱だけでは、その背景の何も分かりません。しかし転職エージェントからの求人オファーの場合ですと、この求人の背景として、「1年前に管理職として中途採用した50代男性が急病で勤務不可能となり、その代替え要員の急募です。」という説明が加わります。

 

更に「その急病で勤務不可能となった方の転職をお世話したのは私です。ですから採用されるための対策、また待遇の交渉もお任せ下さい。」というオファーを受ける事が出来るのです。

 

中高年単独での転職・再就職活動には幾つもの大きなデメリットがありますので、受けられる支援は全て活用するようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク