信頼出来る同業・関連業界の知人・友人に相談・情報収集

同じ業界・業種の知人が持つ有益な情報を収集しアドバイスも

職務経歴書を作成したら、ある程度、客観的に自分という中高年ビジネスマンが把握出来ていると思います。

 

転職・再就職活動の準備の最後に、自分の会社が属している業界、及び関連業種の中で信頼が出来る人に転職について相談をしてみましょう。

 

こちらの「社外で最も身近な年上の中高年の人に転職について相談し意見を聞く」でもご説明していますが、出来れば貴方自身の事を良く理解している、付き合いの長い信頼出来る方が良いでしょう。

 

 

業界の中から相談相手を選ぶ

業界から相談相手を選ぶ

業界から相談相手を選ぶ

それは相談であり、また同時に情報収集でもあります。

 

中高年ともなれば、貴方が属している業界の中に、それなりの知人・友人が居る筈です。プライベートでも信頼出来る人を選んで、色々と話しをしてみましょう。

 

中高年の転職・再就職の場合、やはり自分が得意とする業界に転職する方が色々な面で有利です。

 

業界の知識、常識を有しており、仕事の進め方、管理方法も大きく違わない場合が殆どです。ですから、もしかしたら同じ業界で、貴方が持つ経験、スキル、経歴を求めている会社があるかも知れません。

 

紹介と情報収集

私自身、40代、50代でそれぞれ1度、同じ業界の親しい知人に相談をしたところ、紹介を受けて転職をした経験があります。

 

また、その時は適切な紹介を受ける事が出来なくとも、その知人が他社に聞いてくれる、紹介をしてくれる、情報収集をして提供をしてくれる、その結果として転職・再就職が出来るという可能性は決して小さくありません。

 

やはり私自身、何件か人材を求めている会社を知人より紹介して頂きました。

 

さらに自分が得意とする業界全体の人材に関する情報を、自分が持つ情報だけでは無く、複数の関係者から収集する事も意義があり、今後の転職・再就職活動に活かす事が出来ます。

 

例えば、A社は現在業績が急躍進しており、支店を増やす計画がある、という情報があれば、そこで人材募集が出るかも知れません。

 

相談相手からオファーを受ける可能性も

更には、相談相手が社外の人であれば、その人が勤務している会社からの転職のお誘いがあるかも知れません。

 

こちらの私の体験談「沈みかけている船となった会社に見切りをつけて転職を決意」でもご紹介していますが、私自身、相談をした相手の方から「ウチに来ないか?」と誘われ転職オファーを受けた経験もあります。

 

また作成した職務経歴書のチェックをしてもらうのも良いでしょう。見逃している有益なPRをアドバイスして貰える可能性があります。

 

転職活動の準備の最後に、親しい業界の知人に相談する、情報収集する、これも必ず実行して下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク