商社では即戦力を持つ中高年の転職求人が増加しているが競争率は高い

商社は人気が高く競争率も高いので中高年な在職しながら転職活動を

いまや日本でも転職は決して珍しいことではありません。

 

多くの会社員が「機会があったら転職したい・転職を検討しても良い」といった回答を寄せている時代です。

 

大手企業でも景気悪化の際のリストラは当然の経営手段となりつつあり、日本独自の終身雇用についても今後減少していくとされています。

 

 

増えている商社を含めた企業の求人

即戦力となる転職組

即戦力となる転職組

転職向け、中途採用の求人は商社を含め増えています。

 

企業側も新卒を雇ってゼロから育て上げるよりも、すでにスキルがある転職組を抑えたい、即戦力となる人材を、といった背景があるためです。

 

このような現象から、年齢に関係なく優秀な人で経験を積みスキルを身に付けている人ほど転職する傾向が強まっていると言われています。

 

転職では年齢も大事なポイントで、中途採用の求人を見ると20代が一番多く続いて30代前半となっていますが、中高年の年齢層であっても、その人が持つ専門分野の知識、経験が求人の要綱にマッチする場合は、年齢に関係なく転職の機会は少なくありません。

 

特に商社の場合、製造部署を持つメーカーの従業員と比べ、その業界の専門的な知識と経験の面で、人材が豊富ではないというのが現状です。

 

つまり、いわゆるベテランと呼ばれる中高年の方にも、商社への転職や再就職に成功する可能性が大いにあると判断されるのです。

 

ライフプランに合わせて転職時期を考える

商社では海外勤務、海外赴任が多いことから独身の男性が重宝されがちとなっていますが、将来の管理職育成も踏まえて、ぜひとも30代以降の年齢層の人材が欲しいといった商社は多く見受けられます。

 

但し海外赴任、つまり海外で暮らすことに関しては妻帯者のみ、プラス社内英語試験の結果という条件を設ける商社もあり、私が現在勤務する商社が、それに該当します。

 

結婚や出産という大きなイベントを終えた既婚者ならではの安定性を重要視しているのです。

 

ある特定分野でエキスパートであるならば、評価されるキャリアを持っているならば、独身でも妻帯者でも、また中高年であっても好待遇でヘッドハンティングされるケースは少なくありません。

 

30代前半の年齢で転職に挑戦するのか、キャリアを積み上げてベテランの中高年の人材として転職をするのか、それは個人の考え方や生活環境、さらにはいつから海外で働きたいのかの判断で違ってくるでしょう。

 

どの年齢層で転職に挑戦するのがベストで正解か、それも個人の価値観で違うでしょうし、求人が求める内容でも違ってくるでしょう。

 

商社への転職を考える場合、年齢について今一度自分のライフプランとあわせて考えてみてください。

 

転職を後悔する人は4割

在職したまま転職活動を

在職したまま転職活動を

商社への転職活動を、勤める会社を辞めて行うか、または在職中に行うかを迷う人もみえますが、転職をして後悔をする人が4割いること、さらに商社は転職先として人気が高く競争率も高いことから、在職しながらの転職活動をお勧めします。

 

在職中は仕事の関係で転職活動に専念出来ない、転職活動にもっと時間と労力を費やしたいと考える方もみえると思います。

 

しかしながら、次の職場が見つからない、転職先が決まっていない状態で現在の会社を辞めてしまうのは、特に中高年の方にはお勧め出来ません。

 

今はネット上で転職活動が24時間できる時代です。

 

中途採用の求人内容の精査や求人応募も手軽に出来るため、在職中であってもアフターやオフの時間を利用して転職活動するのが一般的となっています。

 

しかし転職では、成功例も多く聞かれますが失敗例も現実に実在しています。

 

転職をして良かったという人は、「6割程度」と言われています。

 

転職に失敗したと感じている人は「4割もいる」事は忘れないようにするべき現実です。

 

商社への転職活動は在職中に

転職に失敗したという事態にならないためには、求人応募した企業から内定を貰ったとしても本当に転職するべきかどうかを慎重に最終検討する事も大事なポイントです。

 

どんな事象にも、メリットとデメリットがあり、それらを比較する事で、本当に自分にメリットがあるかどうかが分かる場合があります。

 

日本の商社は人気の就職先とされていて、特に大手の総合商社では新卒採用も中途採用も、求人倍率がかなり高いのが通例です。

 

客観的に見て優秀とされる人材、学歴や言語能力も十分と評価される人でも採用されないケースがあるため、在職しながら転職活動に励むのがベストな業種といえます。

 

転職活動を通じて「自分に足りない部分」も見えてくる事でしょう。

 

また中途採用の条件なども、経済情勢や商社の戦略で様々な求人が出て来る可能性もあります。

 

さらに海外展開をする商社の場合、海外の政治状況に変化や通商条約の変更にも大きく業務が左右されます。

 

商社に転職したいと考える中高年の人は、基本的に転職にも失敗がある事を自覚し、リスクを自ら負わないためにも、是非とも在職中に転職活動を検討するようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク