中高年商社マンに重要な人間関係と未来のビジョンフとレキシビリティ

外国人と日本人との人間関係とフレキシビリティを持つ中高年商社マン

商社へ転職する、商社マンになるという事をイコール、海外ビジネスに携わる、外国人を相手に仕事をすると受け止める中高年の方は多いようですが、もう片方のビジネス相手が日本人であるという事は決して失念しないように注意しましょう。

 

 

外国人とも日本人とも良好な人間関係が築ける能力

もう一方のビジネス相手は日本人

もう一方のビジネス
相手は日本人

総合商社に転職をするという事は、海外相手のビジネスに携わるという事とほぼイコールです。

 

当然ながら、ビジネスの相手は外国人となると考えてみえるでしょうが、意外と失念しがちなのは、もう片方のビジネス相手が日本人であるという事実です。

 

商社に転職し仕事をしたいと考える方の中には、外国人とビジネスを通じて知り合える事が出来る、海外ビジネスが仕事になるというイメージを抱く方も少なくないようです。

 

それはそれで間違いではありません。

 

仕事を通じて外国人と知り合いとなり、さらに交友関係を深め家族を含んだ交流となり、互いが家に招いたり招かれたり、パーティーを開いたり参加したり、日本の風習とは違った外国流の生活が展開されます。

 

海外に赴任となれば、外国文化の中で生活をするという経験も得られます。

 

その地の文化、習慣、場所によっては宗教を良く理解、尊重して馴染める適応能力が必要です。

 

しかし未だ商社マンでない人が忘れがちなのが、もう片方のビジネス相手は日本人であるという事です。

 

もう一方のビジネス相手は日本人

営業を経験した方であればお分かりでしょうが、日本には日本独自の営業というモノがあります。

 

近年、仕事の全てが欧米化してきたとはいえ、まだ日本独自の営業、ビジネスマナーは存在します。

 

また役職に就いている方などで、日本本来の仕事での習慣を重んじる中高年の方、それを無視したビジネスや営業を良しとしない、無礼な接し方を許さない方も決して少なくはありません。

 

接待なども当然、必要で大切な商社マンの仕事となります。

 

前ページでお伝えした「全てのマネージメント」に、この人間関係構築スキルも含まれると考えても良いでしょう。

 

個人というものを重要視する海外では、年上の人に一定の尊敬の念を持ちますが、プライベートな面では、その尊敬度レベルは下がり、個人対個人の水平感覚に近くなります。

 

年齢に関係なく人として同じレベル同士の付き合いとなりますが、この風習が身に付いてしまい、同じ感覚で年上の日本人と接してしまうという事態が起きてしまうのです。

 

日本独自の営業が好きになれない、だから外国人相手の水平感覚のビジネスだけをしたいので商社へ転職をしたいと考えるならば、商社への転職は選択肢から外すべきです。

 

商社マンには外国人と日本人の両方に対して良好な関係を持てる能力が求められます。

 

特に社会経験から完璧な常識を持ち合わせていると判断される年齢の中高年では、年上の方への無礼は許されませんので注意をして下さい。

 

未来を見据えたビジョンを持ち提案する能力

明確なビジョンと柔軟性を兼ね備える

明確なビジョンと
柔軟性を兼ね備える

中高年が商社への転職を検討する最終的なチェックポイントとして、「自分は商社マンとなって何をしたいのか?」を自問自答する事をお勧めします。

 

商社マンには、

  • 未来に於ける明確なビジョンを持ち
  • 日々の業務をそのビジョンに基づいて業務を遂行し
  • 同時にフレキシビリティを兼ね備える

事が求められます。

 

一口に未来と言っても1年先も5年先も10年後も未来ですし、自分が担当する仕事、プロジェクトの規模にも依りけりですが、「この仕事を自分は未来に於いてどうしたいのか?」の答えを出せる能力が商社マンには求められると私は考えています。

 

会社を発展させる、地域に貢献する、国のためになる、人類にメリットとなる、ケースバイケースでそれぞれでしょうが、その最終的な目標を達成するために、自分は担当者として、管理者として、プロジェクトマネージャーとして何をすべきか、それを自分の行動指針とします。

 

総合商社が手掛ける大きなプロジェクトでは、国家プロジェクトの場合もあり、現に私の勤務する商社では日本の交通システム全体を根源から変革させるシステムを構築するため、自動車メーカー、通信機器メーカー、信販関係企業など数多くの国内外の企業が参加するプロジェクトの中核となっています。

 

プロジェクトは、その規模のスケールに関係なく、自分の行動指針は注文を取るスタートから最期まで、全ての場面で統一されたポリシーであるべきです。

 

すべき事は、全て最終目標を達成するための手段としなくてはならないのです。

 

明確な最終目標のビジョンが無ければ、日々の業務も指示も管理も、方向性を定める事が出来ない、もしくは間違った方向に進む事となりかねないのです。

 

中高年であれば、プロジェクトメンバー全員に対して自らの指針とポリシーを先頭に立って示し続ける姿勢が求められます。

 

それはリーダーシップという言葉に言い換えても良いでしょう。

 

視野を広くもちフレキシブルな対応を

1つ筋の通ったポリシーで仕事、業務、プロジェクトを推進する事は大切ですが、同時にフレキシビリティも兼ね備える必要があります。

 

経済は生き物です、政治情勢も刻々と変化します。

 

世界を相手にする商社の仕事の場合、国際的な変化、変動に大きな影響を受けるのは必至です。

 

改善する点があれば、方向修正をする必要があれば、その変更を精査し反映する柔軟性も商社マンには必要です。

 

管理職のポストに就くであろう中高年商社マンには、未来を見据えたポリシーでプロジェクトを管理、運営し、どうじに視野を広くし変化にもフレキシブルに対応する能力が求められます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク