中高年の信頼度を活かし外資系のオフィースに良好なチームワークを

外資系でも個人主義に徹しておらず中高年がコアとなるチームワークは重要

外資系企業と聞くと、年俸アップを目指し個人主義に徹した野心的な従業員ばかりと考える中高年の方もみえるようです。

 

その受け止め方は、ある面で正解ですが、しかし実際の外資系企業でも日本の企業と同じように、チームワーク、チームプレーを尊重する場面は多々あります。

 

外資系企業でも、完全な個人主義に徹している訳ではありません。チームワークも非常に重要な要素です。

 

 

人材の評価ウェイトは日本企業とは逆と考える

外資系でも個人主義に徹している訳ではない

外資系でも個人主義に
徹している訳ではない

外資系企業でも日本と同じ義理人情はありますが、しかし日本企業よりも個人主義的である事も間違いではありません。

 

「会社のために奉公する」という意識は薄く、外資系企業の特徴である成果主義、実力主義の環境で働いています。

 

日本企業でも近年は人材評価を成果主義に切替えつつありますが、しかし会社全体への貢献度も人材評価で大きなウェイトを占めています。

 

外資系企業と日本の企業の人材評価の違いを大雑把に言えば、会社全体と個人の評価のウェイトが逆転していると考えて良いと思います。

 

つまり、どちらのタイプの企業でも「All or Nothing(全てか無か)」では無いという事です。

 

外資系企業の海外拠点で働く楽しさを

ですから外資系企業で働く際、優先すべきは個人の成績、次にチームへの貢献、最後に会社の発展となります。

 

繰り返しますが、個人の実績は優先するべき項目であり、決してチーム、会社貢献を無視すれば良いという事ではありませんので注意をして下さい。

 

ただ確かに外国人スタッフの中に、稀に個人主義に徹した人もいますが決して全員ではありません。

 

中には年かさの中高年日本人よりも、もっと義理人情を大切にする外国人もいます。

 

そもそも外資系企業に限らず、会社に勤務するのは給与を得る事だけが楽しみである訳ではなく、他のメンバーと親睦を深め、チームとして目標に向かうという事も大切な働く上での楽しみの1つです。

 

日本人の立場から言えば、誕生日は勿論、誰かが散髪をした、新しい靴を買った際などのオフィースでのサプライズイベントや、自宅に招き招かれるホームパーティーも非常に楽しく有意義な時間を過ごせる人生での貴重な体験です。

 

外資系企業で働く際、個人主義に徹した働きかたは自分にとってメリットが無いこと、楽しく仕事が出来ない事を覚えておいて下さい。

 

中高年の持つ経験値が信頼に

実際に外資系企業の中で働いてみると、日本でも海外でも、中高年以降の年齢の日本人の方が中心となって、日本企業のような職場環境作りをしている場面に少なからず出会います。

 

同じ職場のメンバーが集い、パーティーをしたりピクニックを計画したりスポーツに参加するなどなど…

 

外国人スタッフも、その集いを楽しみ積極的に参加をしますが、それは中心人物が中高年であるからと私は受け止めています。

 

人生経験、社会人経験を長く積んでいる筈の中高年の「お勧め」を感覚的に信用しているからだと私は考えています。

 

もちろん若い外国人スタッフが声掛けをしても、それなりの人は集うでしょうが、中高年の醸し出す信頼度には適わないと思っています。

 

外資系企業のオフィースで、転職、再就職をし環境に慣れてきたら、イベントの「幹事」に立候補する事も考えてみて下さい。

 

必ず良好なチームワークが出来上がります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク