会社オーナー交代に伴う経営方針や事業計画変更に対応する柔軟性

会社オーナー交代に伴う経営方針や事業計画変更に対応する柔軟性

前ページで外資系企業の場合、企業のトップが会社オーナーである場合が珍しくない事をお伝えしましたが、私の知人が勤務していた北米の外資系企業で会社オーナーが企業を売却、オーナーが変わり、それに伴い経営方針が大転換した事例があります。

 

新しい会社オーナーが、北米に於けるマイノリティーであったためです。

 

 

会社オーナー交代による経営方針の変更

オーナー交代に依る経営方針や事業計画の変更

オーナー交代に依る経営
方針や事業計画の変更

ご存じのように北米では、様々なマイノリティーに対する社会的な優遇措置が取られており、会社オーナーがマイノリティーである場合にも色々な優遇措置が適応されます。

 

その詳細な内容は割愛しますが、従業員の雇用に対する措置から、その企業が請け負う、受注する仕事などに対しても優遇措置が取られます。

 

マイノリティーオーナーが所有する企業への社会的優遇措置の影響で、その外資系企業は営業重視の経営からメンテナンス優先の企業へと経営方針を変換しました。

 

当然、その外資系企業の最前線で働くスタッフの業務内容も大きく変わり、私の中高年の友人も酷く戸惑い転職を考えましたが、現時点では勤務を継続しています。

 

どんな変更にも対応できるフレキシビリティ

外資系企業で会社オーナーが変わるという事態は、さほど多くは無い、またオーナーが変わり経営方針が大転換する事も多くは無いでしょうが、しかしその可能性は覚悟しておく必要があります。

 

会社トップが変わる事での経営方針の変更、更には予定されていた、また既に一部進行していた事業計画の変更やキャンセルという事態も有り得ます。

 

ともすれば中高年の年齢になると、様々な出来事に柔軟に対応するフレキシビリティさが失われていきます。

 

海外赴任となる、外国で働くという可能性がある外資系企業への転職を検討する際、自分にはどんな変化や変更にも対応できるフレキシビリティが備わっているかを確認してみましょう。

 

海外での企業の変化、変貌は日本と比べてダイナミックでドライです。会社オーナーが変わる予定が、事前に従業員にアナウンスされる場合も、全く予告なしに成されるケースもあります。

 

私の知人のように、明日からセールスからメンテナンスへの移動を命じられても対応する柔軟性、適応性が中高年の年齢となった自分にあるかどうか、転職を考える際に確認をして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク